ファイナンシャルプランナーの1日

人によって仕事の仕方は大きく異なる

ファイナンシャルプランナーは、ライフプランニング全般の相談業務に携わるほか、講演活動や執筆活動など人によってさまざまな仕事をしています。

また、企業に所属して働く人もいれば、独立して仕事をする人もおり、同じFPといっても人によってだいぶ仕事の内容や働き方、1日の過ごし方が変わってくるようです。

そのように、さまざまなFPがいることを前提として、ここでは独立して働くFPのある1日の過ごし方について例を挙げていきます。

独立して働くFPのある1日

5:30 起床

朝は早めに起き、ストレッチをして身体を目覚めさせます。

6:00 メールチェック

夜の間にお客さまや取引先からのメールが届いていれば、優先順位の高いものから返信します。

6:30 朝食

健康維持のためにも、食事には気を遣います。

7:00 新聞・ニュースをチェック

FPは金融市場の動向や、世の中の動きを負うことも重要。テレビのニュースを見て、新聞は社会面から経済面などまんべんなく目を通します。

9:00 取引先の企業訪問

後日、お金に関するセミナーを依頼されている企業を訪問。担当者と打ち合わせを行います。

12:00 移動、昼食

日中、外出している日は移動先で食事をとることが多いです。

14:00 講演会

ローンに関する講演会で講師を務めます。参加者の反応を見ながら、わかりやすく説明します。

16:00 相談業務

講演終了後、参加者からの相談にのります。

19:00 帰宅

荷物を片付けてほっと一息。

21:30 資料作成

パソコンで、セミナーで使用する資料を作成します。

23:30 就寝

翌日に備えて、できるだけ早めに寝るように心がけます。