アイリストの独立・開業

独立・開業を目指す人も

アイリストは近年注目度が高まっている職業で、多くの人が美容室やエステサロン、アイリッシュサロンといった「美容」に関わる場所で活躍しています。

美容学校を出て美容師免許を取得するとそれらの店へ就職をし、社員やアルバイトスタッフとして働くのが一般的ですが、経験を積んでスキルアップすると、独立・開業に至る人もいます。

もちろん、アイリストの全員が開業するわけではありませんが、「自分の腕一本で勝負する」「自分の店を持つ」というのは、技術職であるアイリストにとって、とても大きな夢や憧れなのかもしれません。

開業時の注意点

アイリストが開業をする際には、いくつか気を付けておくべきポイントがあります。

美容師免許は必須

開業する場合、サロンに雇われて働く場合、いずれにしても、アイリストとして施術をするのであれば「美容師免許」が必須です。

アイリストの世界では有名な「日本アイリスト協会」の資格を持っているとしても、美容師免許は必ず取得していなくてはならないため、注意が必要です。

保健所の許可を得る

美容所を開業するには、保健所への登録が必須です。

安全に施術をするために、衛生管理方法から建物の状況、設備などについてなど細かくチェックされ、問題がなければ登録となります。

同時に、伝染性疾病がないことを証明するための診断書も提出します。

もし登録をしないまま開業したことが発覚すれば、摘発の対象となってしまいます。

小規模でも独立しやすくはある

アイリストは、上記のようなことにさえ気を付けていれば、比較的開業しやすい種類の仕事だといわれています。

美容室ほど大規模な設備は必要ありませんし、自宅の一部をサロンとして使って仕事をすることも可能です。

とはいえ、やはり独立となれば雇われ時のように所属先の会社や店の看板を利用することができず、自分でお客さまを集める努力と工夫が求められます。

もし店を出して大きく成功させたいと思うのであれば、立地や規模、コンセプト、サービス・メニュー内容などを十分に検討し、計画的に開業準備をしていく必要があるでしょう。

技術者としての能力を高めるだけでなく、経営についての勉強をしていく必要もあります。

仕事体験談