イベントプランナーの現状と将来性

イベントプランナーの現状

イベントプランナーは、コンサートやスポーツイベント、セミナーや各種展示会といった、多様なイベントを企画・運営する仕事です。

広告代理店やイベント企画会社に就職し、「イベントプランナー職」として働く人が多いですが、実際の現場で継続的にイベントプランニングに携わることができる人はあまり多くありません。

新人時代は、書類作成や会場やスタッフの手配、HPやブログの更新といった、事務の延長のような地味な仕事が大半となります。

そのため「自分がやりたい仕事ができない」「理想と現実にギャップがある」という不満を抱きやすく、志半ばでイベントプランナーへの道を諦めてしまう人が多いという現状があります。

しかしながら、下積みを終え、イベントプランナーとしての実力とスキルが身に付いた後は、自分の能力を生かしてプランニングやリリース作成、イベントのマッチメイクなどを行えるようになります。

イベントプランナーは「華やか」「カッコイイ」といったイメージを持たれがちですが、ただ憧れを抱いているだけでは決して一人前にはなれないのです。

イベントプランナーの将来性

バブルの崩壊以降、日本経済の低迷が続き、イベント業界も縮小傾向にありました。

しかし、近年イベントプランナーの活躍の場は広がりを見せており、イベント関連会社だけでなく、一般企業や自治体などで働くプランナーも増加傾向にあります。

イベントは時代の動きとも関わりが深く、最近であれば地域活性化を目的とした自治体のイベント、あるいは晩婚化の影響からお見合いイベントなどが多く開催されるようになっています。

そのため、就職やキャリアアップのチャンスはむしろ増えてきていると考えられるでしょう。

ただし、イベントプランナーは実力勝負の仕事。

日本では、総合的にイベントを仕切ることのできる腕を持ったイベントプランナーが慢性的に不足しているといわれています。

そのため、いざフリーランスになったとしても、有能な一部の人に仕事が集中していることも実情です。

さまざまな現場で経験を積み、スキルと実力を兼ね備えたプランナーになることが、活躍の幅を広げるきっかけとなります。