DTPオペレーターのやりがい、魅力

多くの人の目に触れる仕事

印刷物や出版物の目的は、多くの人の目に触れ、情報を伝えることです。

デザイン案自体はグラフィックデザイナーが考えたものでも、フォントや文字の大きさ、ミリ単位のレイアウト調整など、細かなディテールはDTPオペレーターのセンスと技の賜物。

いかにわかりやすく、きれいに、格好よく仕上げ、人の心を引き付けるかは、DTPオペレーターの腕にかかっているといっても過言ではありません。

それだけに責任重大ではありますが、自分が手がけた書籍や雑誌が店頭に並んでいるのを見たとき、ポスターを街中で見つけたときなどには、大きな感動とやりがいを感じるでしょう。

印刷物によっては後日、紙面が思わぬ反響を呼んだり、掲載された商品の売上げが上がったりといったうれしい報告を受けることもあり、クライアントや社会に貢献できたことの喜びも感じられます。

キャリアアップを目指すことも可能

DTPオペレーターとして活躍できるということは、IllustratorやPhotoshopなどのDTPソフトを使いこなす確かなスキルを持っていることの証でもあり、さらに高収入、高待遇の職種を目指すこともできます。

デザインを考えることも好きならばグラフィックデザイナー、出版関係に強いなら出版社のエディター、コミュニケーション能力も持ち合わせているならクリエイティブディレクターなど。

同じ会社の中で転身することも可能ですし、転職を機にキャリアアップするチャンスもあります。

「手に職」がつく

DTPオペレーターは資格を必要とする職種ではありませんが、DTPオペレーションの技術は誰もが手にする機会があるわけではなく、「手に職がある」といってもいい特殊なスキルです。

プライベートでも自分用や友人へのプレゼント用にポストカードやアルバムなどをデザインすることが可能ですし、独立開業とまでは行かなくても、結婚生活や子育てと平行して仕事を受注し、収入を得る道もあります。