大学教授の求人・公募状況

大学教授になるには就職活動が必要

大学教授になるには、一般的に大学から大学院へと進み、「博士号」を取得する必要があります。

しかし、博士号を取得したからといって、自動的に勤める大学が決まるわけでありません。

博士号を取ってから大学教授になるためには、民間企業へ就職するのと同様、就職活動をしなくてはならないのです。

まずは助手として働き始め、そこから講師、准教授、教授とステップアップしていく形が一般的です。

企業を目標とする就職活動の場合、求人を出している企業に書類を送付するなどして応募すると、筆記試験や面接が行われますが、大学教授になる場合の就職活動はそれとは少し異なります。

大学でも「公募」という形で、応募資格さえ満たしていれば誰でも応募できる就職のスタイルをとっているケースはよくありますが、実態としては「コネ」で決まっていく面も強いといわれています。

というのも、採用については基本的にその大学の教授が決定権を持っており、志望者が所属する研究室の大学教授と志望先の教授の関わり方や関係性の強さなどによって、勤め先が決まるケースがよくあるようです。

もちろん、一般的な公募で就職することもできますが、このように大学という世界では、わりと閉鎖的な人事が行われていることも頭に置いておいたほうがよいでしょう。

コネがないと就職はできない?

上記のように、大学において採用の決定権はたいてい大学教授にあるため、「コネがないと就職できないのでは?」と考える人が多いでしょう。

しかし、コネだけで就職が決まるものではありません。

大学の求人数は多くはなく、狭き門となっています。たとえ研究室の教授に口添えをしてもらったとしても、1件の求人に対して教授の口添え書類が数件応募されてきます。

それらをすべて採用できませんから、口添えだけで結果が決まることはありません。

日本は少子化のため学生の数が減り、大学側も学生を集めるためにさまざまな取り組みを行っています。

学生にとって魅力的なカリキュラムを組み、充実した授業を行うこと。これが、学生を集めるのには一番効果のあることです。

そのため、大学は何よりも実力のある人を採用したいと考えています。研究実績をあげ、実力をつけることで、認めてもらいやすくなるのは確かです。

ただし、研究室の教授の力が必要になってくる場面も多々あるため、人脈を大事にするのを意識することも大切です。

なお、卒業した大学の求人に応募した場合、採用される可能性は高まりやすいといわれています。絶対というわけではありませんが、修了した学生を採用する大学は多いようです。