大学教授の1日

授業やゼミがある日の場合

授業や会議、研究といったことが教授の仕事ですが、具体的に教授はどのような1日を過ごしているのでしょうか?

ここでは大学教授が過ごしている1日のスケジュールの一例をあげてみます。

授業がある日の1日のスケジュールは、授業がメインになります。

たとえば、大学の授業は9時から開始されますから、1限目の授業を行うために8時すぎくらいに出勤して授業の準備をしなくてはなりません。

大学の授業時間は90分ですから、1限目を終わるのは10時30分です。2時限目の終わりは12時30分ごろとなるので、2時限目に授業がある場合は、その後に昼食を取ります。

ゼミは夕方からというケースが多いです。ゼミでは学生と共に研究したり、指導を行います。これは大体、17〜18時くらいまでです。

その後、打ち合わせや教授会などに出席して19時すぎ頃には一段落します。

夜は大学教授によって時間の使い方が異なります。

論文を書いてから帰宅して遅い夕食を取る教授もいますし、学生と共に食事をして、帰宅してから論文を書く教授もいます。

論文進行状態によっては深夜まで論文にかかっている場合もありますし、研究が佳境の場合は、深夜まで研究にかかりきりの場合もあります。

授業がない日の場合

まったく授業がない日は、大学への出勤時間は授業がある日に比べて遅めの時間帯に出勤します。授業がない日は研究にかかりきりになれるかというと、そうではありません。

大学教授は授業のない日は非常勤講師の副業をする人が多く、そのような教授の場合、授業がある日と同様に出勤し、授業を行います。

この場合、研究時間は授業がある日と同様に、昼食を取った後になります。

授業がないから早く帰宅できるかというと、そのようなこともありません。研究の進行等によって遅くなる場合もあり、また学会発表の準備や会議などもありますから、授業がないから、時間に余裕ができて早く帰宅できるとは限りません。

時間に余裕がある日もある

授業や会議、研究と忙しい大学教授ですが、毎日毎日、時間に余裕がないのかというとそのようなわけではありません。研究が一段落したり、論文を書き上げたり、学会発表が終わった後など、時間に余裕がある日もあります。

大学教授の仕事は雑用などの多く確かに忙しいのですが、一部の研究職を除き、忙しくて家族の顔が見れないといった、仕事ばかりの偏った生活となることは少ないでしょう。