ショコラティエの現状と将来性

少しずつ高まってきた認知度

チョコレート菓子を専門に作る職人である「ショコラティエ」は、チョコレートの食文化が根付いているベルギーやフランスなどの海外では昔からよく知られていた職業です。

日本では戦後に洋菓子を食べる文化が少しずつ広まり始め、洋菓子全般を作る職人である「パティシエ」という職業が知られるようになりました。

さらに、1980年代後半から東京都を中心にチョコレート専門店が登場し、近年になってようやく「ショコラティエ」という職業も認知されるようになってきています。

こうした認知度の高まりとともに、ショコラティエをめざす人も少しずつ増えてきています。製菓の専門学校でも、チョコレートの専門授業を取り入れたり海外の名店への研修をサポートしたりと、学ぶ体制が整ってきました。

また、日本国内で活躍するショコラティエが世界的なコンクールで入賞することも増えてきており、国内のレベルもどんどん高くなってきています。

インターネットでの通販が人気に

以前は、チョコレート専門店の多くが東京や大阪などの大都市圏にしかなく、地方在住のお客さんが高級チョコレートを手に入れるのは難しいという現状がありました。

しかし最近では、有名なチョコレート専門店のチョコレートをインターネット上での通信販売で買えるようになったことで、全国の人が高級チョコレートを手に入れることができるようになっています。

とくにクリスマスやバレンタインデー、ホワイトデーなどのイベント時にはたくさんのお客さんがチョコレートを購入します。

販売の方法の広まりとともに、国内でのチョコレート人気がさらに高まりショコラティエの活躍の機会も増えることが期待されています。