シェフの資格、免許

絶対に必要な資格はないが、独立するなら調理師免許を

シェフになるには2つの道があります。

ひとつは、調理師学校で調理の基礎を学び、ホテルやレストランに就職し経験を積む方法、もう一つは専門学校や養成学校には行かず、高校卒業後または社会人経験を経て飲食店に入り、厨房で経験を積む方法です。

いずれにせよ現場での経験がすべてですので、資格はあまり重要視されてはいません。

しかし、将来は独立して自分の店を持ちたいと考えているならば取得しておくと有利な資格があります。

それは国家資格である調理師免許です。

調理師免許とは

調理師免許は一定の学歴と職歴があるうえで、試験に合格した者にだけに与えられる国家資格です。

つまり資格を持っているということはある程度の学歴か経験が保証されているということです。

ちなみに調理師学校を卒業している場合は申請をするだけで資格を得ることができます。

学校に通ってなくても、店で下積みをしている人は、就業経験が2年以上あれば受験資格を得ることができます。

独立は信頼がなければできないことですから、一から店を立ち上げるには武器となってくれるでしょう。

調理師の仕事

独立・開業に絶対必要な資格

調理師免許は必須ではありませんが、「食品衛生責任者」は独立・開業者には欠かすことのできない資格です。

食品の製造、加工、調理、販売を行う人や企業に必要です。

取得するには衛生法規や公衆衛生学といった指定の講習を受講し修了する必要があり、受講日程や管轄は地方によって異なりますので地元の役所や自治体に問い合わせしてみましょう。

ワンランク上の資格もあるとなおよし

調理師の格上の資格に「調理技能士」があります。

技術や技能をワンランク高いレベルで審査、検定し、合格した者が得られる国家資格です。

受験資格には調理の実務経験年数が約6年必要なうえ、調理師免許所有期間の両方が求められますので、まずは調理師免許を取得するとよいでしょう。

調理師技能士の資格を取得すれば調理師学校での教員資格得ることができるため、より仕事の幅が広がります。