カメラマンの現状と将来性

カメラマンの今後の見通し

一般の人であっても高度な写真が容易にとれるほどデジタルカメラの技術が進歩してきています。そのため、フィルムカメラの時代と比較すると特殊なカメラの技術を必要とするシーンは減少してきました。

そのため撮影の単価が下がりつつあります。専門分野を磨き、自分にしか撮れない写真があるという強みを持つカメラマンが生き残っていくでしょう。

安定性があるのは商業写真

広告や雑誌など、商業写真が必要とされる媒体はたくさんあります。そのため、商業写真を撮影するカメラマンは、ある程度仕事が安定していると考えることができます。

中には、事件や事故などを撮影する報道写真家を目指したいという人もいるかもしれませんが、商業写真に比べると状況は厳しいようです。もともと報道写真は商業写真よりも単価が安く設定されており、安定した収入を得るのがなかなか難しいと言われます。

安定性を求めるのなら就職を

カメラマンとして安定性を求めたいのであれば、フリーランスになるよりも会社勤務を目指すほうが良いでしょう。特に大手の新聞社や出版社などに勤めれば、毎月安定した仕事量があり給料が大きく変動することもありませんし、福利厚生などの面から将来的な不安も少ないと言えます。

元気であれば年齢は関係ない

カメラマンの仕事の良いところのひとつは、年齢に左右されないという点です。

海外を飛び回るなど体力を必要とする案件の場合、年齢とともに仕事をこなすのが厳しくなっていくかもしれませんが、基本的に60歳になっても70歳になっても、自分が元気でさえいれば仕事を続けることができます。

また、どんどん経歴を重ねることで、周りからの信頼も得やすくなると言えるでしょう。そのような意味では、カメラマンの仕事は年齢を重ねることが決して損とは言えません。