カメラマンの給料・年収・待遇

カメラマンは会社員もいればフリーランスで活動する人もおり、働き方によって収入にだいぶ違いがあります。

さらに、個々の実力や経験によっても、どの程度稼げるかといったことには差が出てきます。

そのため、一概にカメラマンの給料を発表することは難しいのですが、ここでは代表的な働き方を見ていきながら、その給料を考えてみたいと思います。

会社勤務の場合

新聞社や出版社に正社員のカメラマンとして勤める場合は、毎月その企業の給与体系に沿った給料が支払われます。

福利厚生も含め、一般的なサラリーマンと同じように大手になればなるほど給料や待遇がよく、安定していることが多いです。

スタジオ勤務の場合も、各スタジオが定める給料が支払われますが、新聞社や出版社などよりは給料が安く、まだあまり経験や実績がない場合には年収300万円程度という場合もあるようです。

また、アルバイトの場合は勤務先に関わらず、時給制となることもあります。

フリーランスの場合

フリーランスのカメラマンの収入はピンキリです。

自分で営業活動をせず仕事があまりなければ限りなくゼロに近くなりますし、一方で、一部の有名カメラマンは年収が数千万円以上ともいわれています。

仕事量は季節や年によって変動もあるため、毎月安定した収入を得るためには撮影技術を高めることだけでなく、地道な人脈づくりや営業活動も必要となります。

フリーのカメラマンを目指す人は多いものの、その働き方で長年生計を立てていける人はごくわずかです。

フリーで働く場合、撮影を担当するページやカット数によって報酬(ギャラ)が決まり、雑誌の撮影は1ページあたり1万円から、スタジオ撮影は1カット5千円からが相場のようです。

アシスタントの給料

カメラマンのアシスタントの給料は、月給10万円~15万円程度が相場だといわれています。

師匠となるカメラマンによって多少変わりますが、だいたいこの範囲内におさまっている人が多いようです。

カメラマンのアシスタントの仕事は体力も精神力も必要で、その内容だけを考えればとても安く感じるかもしれません。

しかし、あくまでもアシスタントの時期は修業期間となるため、「学びながらお金をもらっている」という覚悟が必要といえるでしょう。