カメラマンの給料・年収

会社勤務の場合

新聞社や出版社に正社員として勤める場合は、毎月その企業の給与体系に沿った給料が支払われます。福利厚生も含め、一般的なサラリーマンと同じように大手になればなるほど、給料や待遇は安定していることが多いです。

スタジオ勤務の場合もそのスタジオが定める給料が支払われますが、新聞社や出版社などよりは給料が安く、まだあまり経歴がない場合には年収300万円程度〜という場合もあるようです。

また、アルバイトの場合は時給制をとっているところもあります。

フリーランスの場合

フリーランスのカメラマンの収入はピンキリです。自分で営業活動をせず仕事がなければ0円ですし、一部の有名カメラマンは年収が数千万円以上とも言われています。

仕事量は季節や年によって変動もあるため、毎月安定した収入を得るためには、撮影技術を高めることだけでなく人脈づくりや営業活動も必要となります。フリーのカメラマンとして生計を立てることができる人はごくわずかであり、狭き門と言えるでしょう。

なお、雑誌の撮影は、1ページあたり1万円〜、スタジオ撮影は1カット5千円〜が相場のようです。

アシスタントの給料

カメラマンのアシスタントの給料は、月給10万〜15万円程度が相場だと言われています。どんなカメラマンにつくかによって多少変わりますが、だいたいこの範囲内におさまっている人が多いようです。

体力も精神力も必要となるアシスタントの仕事。その内容だけを考えれば、とても安く感じるかもしれません。しかし、あくまでもアシスタントの時期は修行期間であり、「学びながらお金をもらっている」という覚悟が必要と言えそうです。