バイヤーの給料・年収

ファッション業界の年収は

バイヤーの平均年収は、どのような企業のバイヤーになるかによって大きく変わります。

まずは、アパレル業界でファッション専門のバイヤーになる場合です。バイヤーの選んだ商品を並べるセレクトショップに直接雇われるケースや、大手のファッションメーカーに雇われるケースがあります。

アパレル業界は一般的に給与が低めの傾向にありますが、経験が必要な職業であるため、ある程度安定した収入が見込めます。

平均年収は、25〜29歳で300〜350万円。30〜34歳で400〜450万円、35〜39歳で550〜600万円程度といわれています。

同じファッション関係の仕事でも、店頭で販売員をしている人に比べると、バイヤーの平均年収は50〜100万円ほど高くなっています。また、ヒット商品をどんどん生み出すようなカリスマバイヤーになると、年収が大幅にアップすることも珍しくありません。

これは、それだけバイヤーの仕事に求められる能力が高く、責任の重い仕事だからだと考えられます。

百貨店や量販店での年収は

次に、百貨店や量販店のような総合的に商品を取り扱う企業に就職するケースです。

この場合、「バイヤー」として入社するケースよりも「総合職」として入社し、希望や適性に合わせてバイヤーの仕事を担当させてもらうようになるケースのほうが一般的です。

百貨店社員になった場合、平均年収は320万円ほどになります。ただし、これは従業員が1000人以上の全国の百貨店の平均値であり、都心部の大手百貨店では年収600〜800万円ほどになります。

百貨店業界で、最も給与が多いのは伊勢丹です。百貨店の社員は職種によってそれほど給料に差がでないため、下記の平均年収が百貨店バイヤーの給料の目安となるでしょう。

<三越・伊勢丹ホールディングス>
平均年齢:45.2歳
平均年収:781万円

<高島屋>
平均年齢:44.6歳
平均年収:645万円

<丸井グループ>
平均年齢:41.8歳
平均年収:713万円

また、大手の百貨店や量販店では、給料の金額自体は高くなくても福利厚生が整っている場合があります。社宅があって家賃がほとんどいらないこともありますし、長期休暇がとれる仕組みがあったり、提携しているテーマパークやホテルの割引制度があったりもします。

さらに「社員割引」や「家族割引」で店内の商品が格安で買えることも多いので、年収とは別の部分で生活のサポートを受けているという考え方もできるでしょう。

百貨店店員の平均年収統計

バイヤーではありませんが、参考までに百貨店店員の平均年収をご紹介します。厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、百貨店店員の平均年収は41.8歳で350万円となっています。

・平均年齢:41.8歳
・勤続年数:13.9年
・労働時間:161時間/月
・超過労働:8時間/月
・月額給与:249,000円
・年間賞与:512,600円
・平均年収:3,500,600円

出典:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

百貨店店員の平均年収統計

バイヤーではありませんが、参考までに百貨店店員の平均年収をご紹介します。厚生労働省の平成27年の賃金構造基本統計調査によると、百貨店店員の平均年収は10人以上平均の規模で350万円となっています。

勤務先の規模が大きくなるほど年収は上がっていますが、全体としては低めの給与水準となっています。

百貨店店員の年収(規模別)_27

平成27年度 百貨店店員の年収(年齢別・男女別)

百貨店店員の年収は、男性の場合は年齢とともに少しずつ上がっていきますが、女性はあまり上昇が見られません。

最も年収が高い年齢は男性50~54歳の524万円です。また、男性の平均年収が425万円であるのに対し、女性は313万円となっており、男女間で給料に開きがあります。

百貨店店員の年収(年齢別)_27
※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。