弁理士と弁護士の違い

弁理士は知的財産分野の専門家

「弁理士」と「弁護士」、名前は似ていますが、その役割や日常の仕事内容には大きな違いがあります。

弁理士は、新たな発明やデザインなどの「知的財産」に関する専門家です。

大切な知的財産が他人に勝手に使われないためには「権利化」が必要であり、権利化に向けた出願から登録までの特許庁への手続きを、お客様の代理人として行うことがおもな仕事内容となっています。

一方の弁護士のおもな役割は、社会生活で起こり得る「事件」や「紛争」に対して、法律の専門家という立場から適切な予防や対処、解決の方法をアドバイスすることです。業務としては法廷活動や紛争予防活動などを行っています。

弁理士が知的財産を専門にするのに対し、弁護士が扱う法律範囲は日常生活全般に関連するため、非常に幅広いものとなります。

弁理士の場合は発明に不可欠である最先端の技術に関する知識が必要になるなど、両者では業務上求められる知識も異なります。弁護士は文系出身者が多いのに対し、弁理士に理工系出身の人が多いのも特徴といえます。

弁護士と共同で民事訴訟を行うことも

弁護士が扱う「事件」や「紛争」の中には、権利化した知的財産にまつわる訴訟問題など、知的財産に関連する内容のものも含まれます。

弁理士が日常的に行う業務は、あくまで知的財産の権利化までの手続きであって、訴訟は基本的に行えません。しかし、現在は法改正によって、一部の民事訴訟については弁護士と共同で代理人として訴訟をすることが認められています。

ちなみに、弁護士法第3条では「弁護士は、当然、弁理士及び税理士の事務を行うことができる」と規定されているように、弁護士の資格を取得すると、実務修習を修了することで弁理士として登録することも可能となっています。

弁理士は、弁護士業務の範囲の中で、知的財産に特化した専門家と言うこともできるでしょう。