アスレティックトレーナーのやりがい、魅力

競技者やチームが活躍したとき

アスレティックトレーナーとは競技者(スポーツ選手、アスリート)やチームの健康管理を担う専門家のことです。

アスレティックトレーナーとしてもっともうれしい瞬間は、リハビリテーションを担当した競技者がケガから復帰して活躍したときだったり、提案した体力トレーニングが有効にはたらきチームが勝利したときだったりするのではないでしょうか。

競技者やチームをサポートする立場ではありますが、一緒に競技をするかのような意気込みで取り組めば、競技者やチームの活躍はアスレティックトレーナーにとってもこのうえないやりがいになるでしょう。

さまざまな人に仕事を任される

実績を重ね、研究を深めるほどアスレティックトレーナーとしての持論は確立されますが、現場においては競技者のメンタル面でのよき相談相手だったり、スポーツドクターやコーチ、競技者の家族などのまとめ役だったりします。

競技者によっても時期によっても最適な提案は変わってくるため、どのような状況にも対応できるように、常にしっかり人の話を聞く姿勢が求められます。

アスレティックトレーナーに必要な資質とは人柄であるともいわれるほどです。

知識や技術はもとより高いコミュニケーション能力を発揮して、関わる方々すべてに信頼されて仕事をまかされることが魅力であるといえるでしょう。

競技者に頼りにされる

解剖機能学や運動学といったスポーツ医科学全般について、アスレティックトレーナーは専門的に学びます。

たとえば競技者が骨折した場合に治療するのは医師ですが、競技者としては骨折が完治するだけではじゅうぶんな復帰とはいえません。

骨折して競技や練習ができないあいだに筋力も落ちてしまいますし、完治したからといって無理なトレーニングを開始してしまっては外傷の再発や別の障害が発生する危険性も考えられます。

また治療中には競技者がメンタル面で非常に落ち込んでしまうことも多いので、競技者の気持ちをくんだ治療法を医師と相談する必要がでてくることもあるでしょう。

チームメイトや家族にすら話しづらい悩みを、競技者から相談されることもあるといいます。

実際に経験したさまざまな状況をわかりやすく親身になって伝えることで競技者から頼りにされたとき、アスレティックトレーナーとしての仕事の充実感を深く味わうことができるのではないでしょうか。

愛するスポーツに関わる喜び

アスレティックトレーナーになりたいと志望するきっかけはさまざまですが、自分自身がなんらかのスポーツや運動をしたときにケガが多くて困ったり、有効なトレーニング方法を考えるのに苦労したりといった経験のある方がたくさんいます。

またはスポーツを観戦するのが好きで、競技者をサポートするアスレティックトレーナーの献身的な姿に魅力を感じたという方も多いのではないでしょうか。

スポーツは身体を動かすことをとおしてあらゆる分野に影響をおよぼす活動です。

生きる指針であるといえるほどスポーツを愛する方にとって、スポーツに関わる仕事ができることはアスレティックトレーナーにとって最大の誇りかもしれません。