施設で活躍するアスレティックトレーナー

スポーツジム、フィットネスクラブ、地域のスポーツ施設

アスレティックトレーナーの職域はスポーツジム、フィットネスクラブ、地域のスポーツ施設などにもひろがっています。

コンディショニングコーチ資格(NSCA-CSCS)やパーソナルトレーナー資格(NSCA-CPT)、健康運動指導士・健康運動実践指導者などの民間資格をあわせて所有し、スポーツトレーナーとして勤務される方も多いでしょう。

試合や大会に帯同するのではなく、決まった施設でたくさんの方のトレーニングを担当することになります。

またはフィットネストレーナー(NESTA-PET)やインストラクターと兼任して、エアロビクスやピラティス、スイミングなどのプログラムを受けもつ方も増えているかもしれません。

筋力トレーニングが目的のスポーツジムもあれば、さまざまなプログラムの組まれたスタジオやプールもありますし、対象者の年齢層や運動目的もさまざまです。

それぞれの施設によってオリジナルの方針があることも多いと思われますので、その延長線上で対象者に合わせて実際のメニューを考えたり、施設の運営や管理をおこなったりします。

小学生の心身鍛錬や高齢者の健康づくり、女性のダイエットなど、社会人対象のスポーツチームのアスレティックトレーナーではほとんど経験しないことがメインになるかもしれませんので柔軟な対応が必要です。

おおむねシフト制など勤務時間や休日などは定まっており、収入も比較的安定しているといえるでしょう。

整形外科などのスポーツ医療機関

競技者(スポーツ選手、アスリート)がケガをしたら、治療後の現場復帰が非常に重大な課題になります。

そのためスポーツに理解のある医師や医療機関も増えており、リハビリテーション施設が充実している整形外科やスポーツクリニックなどで働くアスレティックトレーナーもいます。

リハビリテーション専門職のひとつである理学療法士という国家資格をあわせて所有する方も多いですが、アスレティックトレーナー専門という方も少なくありません。

理学療法士の仕事

対象者は来院された患者さんですから、医療従事者である医師や理学療法士と密接に連携をとる必要があります。

年齢層はお子さまからお年寄りまでさまざまですし、スポーツに対するレベルも健康づくりや娯楽目的からプロまで幅広く対応することが求められます。

具体的にはストレッチなどのトレーニング指導、体力や筋力の測定、リハビリテーション方法の提案、トレーニングルームの環境づくりなどを担当します。

さまざまな資格をもつ方がたくさん関わる職場ですので、勉強会もひんぱんにおこなわれます。

接骨院、鍼灸院、治療院などの施術所

プロや実業団レベルのスポーツチームあるいは国民大会や国際大会、日本代表に帯同するほどのアスレティックトレーナーであれば、現実的には治療が必要な場合に備えています。

つまり柔道整復師や鍼灸師(はり師・きゅう師)、あん摩マッサージ師、理学療法士といった国家資格をあわせて所有されている方がほとんどなのです。

ふだんは接骨院、鍼灸院、治療院などの施術所で勤務しながら、大会や試合ごとにアスレティックトレーナーとして帯同するという方もたくさんいらっしゃいます。

施術所ではとくにスポーツと関わりがないという方からプロレベルまで、またお子さまからお年寄りまで、実に幅広く担当します。

ふだんは物理療法や手技療法、運動療法、鍼灸、マッサージなど、それぞれの資格に該当する施術をおこないます。

設備の充実した施術所であれば、アスレティックトレーナーとしてのトレーニングやリハビリテーション指導も施術所でおこなうことができるかもしれません。

そのうえでアスレティックトレーナーとしての仕事も引き受け、試合ごとにあちこちの競技場へかけつけることになりますから、非常に忙しく充実した毎日を過ごすことになるでしょう。