アスレティックトレーナーの活躍の場、就職先

ひろがる職域

アスレティックトレーナー(AT)を目指す方の勤務先で希望が多いのは、トップアスリートとの専属契約やプロのスポーツチームかもしれません。

そのほか実業団などのスポーツチームも人気が高いと思われますが、フルタイムの雇用者はきわめて少数であり、複数のチームをかけもちしたり、大会ごとに帯同したりする方もいらっしゃるでしょう。

日本国内で「アスレティックトレーナー」の民間資格を公認する「日本体育協会(JASA)」は「マスタープラン」というATの基本方針を策定しました。

その「マスタープラン」の「JASA-AT」を対象としたアンケート結果(2008年実施)によりますと、国民大会や国際大会、日本代表に帯同した実績のある方は約半数もいらっしゃいます。

対象となる競技としては、サッカー、陸上競技、硬式野球、軟式野球、バスケットボール、水泳、バレーボール、スキー、柔道、テニスの順に割合が高いようです。

対象者の年齢層としては社会人や高校生、大学生が多く、レベル的には高校全国大会、大学1部、日本代表、国内トップリーグ1部、プロ1軍、中学全国大会の順になるとのことです。

またトレーナー派遣会社などに就職あるいは登録する方も多いと考えられます。

そのほかスポーツジムやフィットネスクラブ、地域のスポーツ施設、学校、施術所や医療機関、保健所や福祉施設などにもアスレティックトレーナーの職域はひろがっています。

複数の資格を活かす

アスレティックトレーナーという名称で働く方のなかにも現実的には複数の資格を所有されている方がたくさんいらっしゃいます。

スポーツ活動の現場では競技者(スポーツ選手、アスリート)の治療にあたることも多いので、その場合は柔道整復師、鍼灸師(はり師・きゅう師)、あん摩マッサージ指圧師といった国家資格が必要です。

また保健所に勤務する場合は、理学療法士という国家資格をあわせて所有される方もいらっしゃるでしょう。

そのほかの民間資格であれば取得義務はありませんが、コンディショニングコーチ資格の「NASCA-CSCS」やパーソナルトレーナー資格の「NASCA-CPT」などを併用すればスポーツトレーナーとしての業務の幅や活躍できる場所はひろがるでしょう。

そのほかスポーツジムやフィットネスクラブ、地域のスポーツ施設で働く場合は、競技指導者やスポーツインストラクターとの兼任も考えられます。

必要に応じて複数の資格を活用することで、ATの就職先は増えるでしょう。

トレーナー派遣会社などに就職する

ふだんは柔道整復師や鍼灸師(はり師・きゅう師)として接骨院や鍼灸院などの施術所で働きながらアスレティックトレーナー(AT)としての仕事を請け負うという方もいらっしゃるでしょう。

あるいは下積み時代があることを覚悟してATの仕事をパートタイムで引き受けることも考えられます。

ただ安定した生活を求めるのであればトレーナー派遣会社などに就職するのもひとつの方法かもしれません。