アナウンサーの就職・採用募集状況

キー局は毎年採用活動を行う

テレビのキー局(日本テレビ放送網・テレビ朝日・TBSテレビ・テレビ東京・フジテレビジョン)とNHKでは、ほぼ毎年新卒を対象としたアナウンサー職採用試験が実施されています。

これらの応募資格は「四年制大学卒業見込み以上」となっていますが、特に学科は問われません。各局には「アナウンス室」があり、その定員が決まっています。だいたいの採用人数は2〜3名。ときには1名や0名となることもあるそうです。

安定した需要はあるものの、募集人員が今後も増えることは考えにくい仕事です。

地方局の場合は、必ずしも毎年アナウンサー職を募集するとは限りません。欠員が出れば採用活動を行うといった考え方なので、定期的な採用ではなく、突然募集がかかる場合もあります。採用人数は1名程度です。

アナウンサー職の採用試験時期は早い!

もともとマスコミ業界の就職活動は、一般企業よりずっと早く始まることで知られていますが、アナウンサー職は、テレビ局の中でも一番早く採用活動がスタートする場合が多いです。

9〜10月頃のキー局を筆頭に、10〜11月には大阪の準キー局、11月〜12月は名古屋、12月〜1月は札幌・仙台・福岡・広島、そしてそれ以降に他の地方局といったスケジュールで、選考が進んでいます。

しかし、近年は就職活動時期があまりにも早まっていることが問題となり、2013年度入社以降の採用活動から、「倫理憲章」によって採用選考の時期に関するルールが設定されました。2014年採用のアナウンサーの試験も、従来の時期より数ヶ月〜半年程度遅らせて実施されることが見込まれています。