アナウンサー採用試験の流れ

採用試験の流れ

テレビ局やラジオ局で実施されるアナウンサー採用試験は、その内容も流れも、他の職種における採用試験とは一線を画すユニークなものとなっています。

ここでは、アナウンサー採用試験の一般的な流れについてご紹介します。

エントリーシート

いわゆる書類選考ですが、近年は紙で提出するのではなく、Web上に入力することもあります。顔写真や全身写真の貼付や、志望動機、趣味・特技、学生時代にがんばったことなどを記入します。

アナウンサーは非常に人気のある職種のため、ここでかなりの人数(10分の1程度にまで)が絞られることもあります。

1次面接

会社によって個別面接の場合と、集団面接の場合とがあります。主にエントリーシートに沿った質問がなされます。

カメラテスト

カメラの前に立ち、その場で渡された原稿を読む「原稿読み」や、自己PRを行います。アナウンサーならではの試験といえるでしょう。

講習会

実地研修のような形でのフリートークやカメラテストを行います。

2次面接

個人面接である場合が多いです。面接官として、制作部や編成部など、アナウンス部以外の役職者が加わることも多いです。

最終面接

役員クラスとの面接になります。相当少ない人数まで絞り込まれていますが、ここで会社側と志望者側の価値観や思いのすり合わせを行い、最終的に採用するかどうかの判断がなされます。

ここをクリアすれば内定です。

局によっては、採用試験の途中で筆記試験(一般常識問題など)が実施される場合もあります。

採用試験における「講習会」とは?

キー局や、準キー局におけるアナウンサーの採用試験では、どこかのタイミングで「講習会」というものが実施されることが多いです。

講習会とは、現役のアナウンサー指導の下、実地研修のような形でフリートークやカメラテストを行うものとなっています。

しかし、実はこれも選考の一部とみなされていることがほとんどであり、第一線で活躍するアナウンサーの目から見て「アナウンサーの適性があるのかどうか」を判断されるシビアな場だといえます。

どうしても緊張する受験生が多いようですが、講習会に呼ばれるのは、何かキラリと光るものがあると判断された限られた人のみ。

ここでがんばっておくことで、たとえその局の試験には不合格になったとしても、一般公募をしていない他の地方局から声をかけられるという人もいるようです。