生命保険会社にはどんな職種がある?

営業系の職種

個人営業

生命保険会社のさまざまな仕事のなかでも、会社の「顔」といえるのが営業の仕事です。

個人営業(リーテイル分野)では、おもに一般の人を対象とした営業活動を行います。

お客さまによって現在置かれている環境や人生プランは異なるため、相手のニーズをよくヒアリングしたうえで、その人に適した保険商品を提案しなければなりません。

一定期間の実務経験を経たあとは、一般的には部門を率いる管理職へのキャリアアップを目指します。

法人営業

営業職のなかでも、個人ではなく、法人(企業・団体)を顧客とした営業活動を行うのが法人営業です。

法人の総務部や人事部の担当者にコンサルティングをしながらセールスを行なっていきます。

個人営業と同様、一定期間の実務経験を経たあとは部門を率いる管理職を目指していきます。

外交員

外交員は、個人あるいは法人のお客さまと新たに保険契約を結ぶための営業活動を行う仕事です。

営業職社員と似たような仕事を行いますが、外交員の場合は正社員ではなく「個人事業主」として会社と契約を結んで働くことが一般的です。

なお、保険外交員を務める女性は「生保レディ」と呼ばれ、多くの会社で契約を取るほど報酬が増えるインセンティブ(歩合給)が用意されています。

事務系の職種

アンダーライティング

新規契約から管理、そして契約の履行にいたるまでの幅広い事務手続きやシステム処理のことをアンダーライティングと呼びます。

たとえば、以下のような業務がアンダーライティングに含まれます。

・新契約:契約前の審査や契約成立を扱う
・収納・保全:保険料の入金管理や契約管理をおこなう
・保険金支払い:契約内容に基づき保険金を支払う

これらの仕事は営業職とちがって表に出ることは少ないですが、非常に重要かつ戦略性が求められる分野です。

開発企画

開発企画は、名前どおり新たな保険商品を生み出す仕事です。

市場のトレンドや需要、社会情勢などさまざまな要因を考慮したうえで、市場に最適な商品を作り出すことが開発企画の使命といえます。

社会の変化をいち早くキャッチすることに加えて、営業職から現場の声を聞いたり、お客さまの生の声を吸い上げたりなど、つねにアンテナを広げて情報収集することが求められる職種です。

資産運用

資産運用は、お客さまから預かった保険料を株式や債券、不動産などへ投資を行う仕事です。

日々変化する経済情勢を迅速かつ的確に分析し、さまざまな運用方法によって長期にわたり安定した収益の獲得を目指します。

高い専門性はもちろん、会社が有する大きな資産を動かすことから、一つひとつの取引を冷静に判断していく精神的な強さが求められるでしょう。

一般的な職種

生命保険会社には通常の企業と同じように、経理や総務、人事などの業界に関係なく存在する職種もあります。

一般事務については、正社員ではなく契約社員やアルバイトとして採用される場合も少なくありません。

なお、これらの職種であっても保険に関する専門用語や法律、商品知識などが必要となる場面も多く、働くにあたって最低限の勉強は必要になるでしょう。