公認会計士になるために必要な実務経験とは?

公認会計士として登録するためには実務経験が必要

公認会計士は、国家試験に合格したらすぐに働けるわけではなく、実務経験や修了考査に受かる必要があります。

公認会計士の実務経験と呼ばれるものには2つあり、「2年以上会計業務の補助(実務経験)を行うこと」と「一定期間の座学の実務補修を受けること」が要件となります。

実務経験の具体的な内容としては、実際に監査法人などで働き、「公認会計士や監査法人を補助する業務補助、財務に関する監査・分析その他の実務に従事する実務従事」を身につけます。

実務経験は2年間必要となりますが、国家試験前に済ませてしまうことも可能です。

そのため、国家試験前に実務経験を積む人もいますが、学生の受験者が多いということもあり、実際には国家試験合格後に実施する人のほうが多いです。

なお、実務経験として認めてもらうための雇用形態は常勤・非常勤のどちらでも大丈夫ですが、2年間で公認会計士としての知識を身につけたという「業務補助等証明書」を、雇用主である監査法人などから発行してもらう必要があります。

公認会計士になるための実務経験はどこでする?

公認会計士としての実務経験は監査法人、または企業の経理部門などで通算して2年間必要になります。

上記でも説明した通り、実務経験は国家試験前に済ませてしまってもよいので、会計事務所や企業の経理、財務部門で仕事をしながら公認会計士を受けることもできるのです。

また、社会人として経理部などで監査の経験を元からしていた人が公認会計士を目指す場合、実務は免除され、実務補習の受講と修了考査に合格すれば公認会計士として登録できます。

公認会計士の実務補習経験とは?

試験に合格した人だけが受けられる座学の補習

実際に監査法人などで働く実務経験の他にも、試験合格者のみが受けることができる「実務補習」も公認会計士になるためには必要です。

実務補習については、東京、東海、近畿、九州の4つの実務補習所に分けられ、各補習所の指定の場所で受けます。

講義に出席するだけの時もあれば、テスト、レポート、ディスカッションなども受けて、実務補習として認められることもあります。

実務補習では、登録後すぐに活躍できる公認会計士になるために、「監査」「会計」「税務」「経営・IT」「法規・職業倫理」の5つの科目を3年間受講します。

また、3年間で10回の考査と6回の課題研究提出で一定水準の点数を取ることが要求され、登録後すぐに即戦力として働ける公認会計士になるように知識を深めていきます。

実務補習はいつ行われる?

実務補習は3年間、平日の夜と土日に行われ、大学のように単位制となっているため、必要単位を取得できないと公認会計士として登録できる修了考査を受けることができません。

なお、公認会計士試験合格前に実務経験を済ませてしまった人は、実務補習の期間を短縮(最短1年)することもでき、早く公認会計士として登録できるようになります。

実務経験の証明が必要

公認会計士として登録するためには、さまざまな監査法人や一般企業で実務経験を積むことになりますが、実務経験を証明するためには、「業務補助等の報告書受理番号通知書」の交付を受ける必要があります。

公認会計士試験に合格した後に、実務経験が通算で2年以上できたら提出者の住所地を管轄する財務局等を経由して、金融庁長宛てに業務補助等報告書を提出します。

この報告書が受理されたら、公認会計士として登録するための最終ステップである修了考査を受けることができます。