ユーチューバーに必要なスキル、機材

どんな機材が必要?

ユーチューバーとして動画撮影をするとなると、プロ向けの高級なデジタルカメラやハンディカムが必要なのではないか?と思う人もいるかもしれません。

しかし、実際にはスマートフォンがあれば十分な撮影ができます。

とくに最近のスマートフォンはカメラの画質が向上しているためキレイな映像が撮れますし、実際、多くのユーチューバーもスマートフォンを使って撮影を行っています。

ただし、いくら画質が良くても手ぶれがあると一気に見づらいものになってしまうため、手ぶれには気を付ける必要があります。

スマートフォン用の三脚を使用して、スマートフォンをしっかりと固定するとよいでしょう。移動しながら動画を撮影したい場合に使える三脚もあります。

また、スマートフォンのイヤホンジャックにそのまま差し込んで使える専用マイクを使うと、より音声をクリアに拾うことができます。

さらに、屋外で撮影する際、風切音対策のための風防アクセサリも販売されています。

編集作業の際に音声だけ別で入れる場合には必要ありませんが、こうしたアクセサリを用意しておくと、何かと役立つかもしれません。

動画編集ソフトに関しては有料のものと無料のものがありますが、無料のものでもカット編集やBGM挿入、テロップ入れなどはできますし、有料で十分な機能を備えたものが1万円程度から購入できます。

編集作業は数をこなすことで上達する面も大きいため、まずは無料のものから慣れていくのもよいでしょう。

身につけておくべきスキルは?

こう見ていくと、ユーチューバーとして活動するために、そこまで特別な機材やスキルは必要ないことがわかるはずです。

最低限スマートフォンやパソコンを使いこなすことができれば、誰でもユーチューバーになることは可能です。

動画編集に関しては、使用ソフトごとに少し慣れが必要になりますが、扱い方を覚えればサクサクと作業を進めることができるようになります。

ユーチューバーにとっては、スキルよりも、よい動画を作るためのセンスを磨くことが大切といえるかもしれません。

人気あるユーチューバーの動画は、BGMの入れ方、テロップのタイミングや大きさ、声のトーンなど、細かいところにまで気を配っています。

世間が評価している動画をたくさん見て、「何となく面白い」ではなく、「どこがどうなっているから見やすいのか?面白いのか?」と作り手目線で考えてみると、次第に自分の作品の質も向上していくでしょう。