予備校講師の給料・年収

平均年収は若干低め

予備校や勤務形態によっても異なりますが、予備校講師の平均年収は統計によると370万円前後となっています。一般のサラリーマンの平均が420万円なので、若干低めといえます。

ただし、この統計は「個人教師・塾」に従事する人も含めた数字ですので、純粋に予備校講師の年収を示しているわけではありません。

予備校講師の給与は「能力に応じた基本報酬×担当コマ数」で計算されることが多く、実力を認められれば基本報酬は上がり、担当コマ数も増えていきます。

新人であれば1コマ数千円が相場で、人気予備校講師であれば1コマで万単位までアップすることもあります。

人気予備校講師の中には、複数の大手の予備校を兼任し、1000万円を超える年収を手にしている人もいます。

平均年収だけに目を向けると決して年収が高いとはいえませんが、実力次第ではいくらでも伸びしろのある職業といえるでしょう。

予備校講師の平均的な初任給

予備校講師の新卒での初任給の平均は18〜20万円と、一般企業とほとんど変わらない金額になっています。その後は先に述べたように、能力や実績に応じて昇給額が変わっていきます。

また、大手の予備校では初任給、福利厚生も含め、中小の予備校よりも良い待遇で働くことができる傾向にあります。

予備校によってかなり待遇が異なるため、応募する前に自分の入りたい予備校の情報を調べておくとよいでしょう。

また、正社員であれば役職に応じた昇給も見込めます。一般的には、勤続年数に応じて非常勤講師、常勤講師、科目責任者、校長という形でキャリアアップしていくことが多いようです。

大手の予備校講師は出張が多い

日本全国に校舎があるような大手予備校では、人気のある講師は出張して授業を行うことも多くあります。また、高校などから依頼を受けて出張授業に赴くこともあります。

基本的に出張費などは経費扱いになりますが、非常勤講師の場合は交通費も実費になることがあるようです。

予備校講師としての独立

予備校講師として独立するにはかなりの労力が必要です。予備校の数も多く、中でも大手予備校の人気が高くなっているため、個人で戦うには難しい業界といえるでしょう。

ただし、参考書などを出版して副収入を稼いでいる講師や、メディアに出演してマルチタレントとして活躍する講師もいます。

実力が認められて人気が出れば、個人としての道も開けるかもしれません。

個人教師・塾・予備校講師の平均年収統計

厚生労働省の平成26年度賃金構造基本統計調査によると、個人教師・塾・予備校講師の平均年収は35.2歳で396万円となっています。

・平均年齢:35.2歳
・勤続年数:7.3年
・労働時間:172時間/月
・超過労働:6時間/月
・月額給与:289,300円
・年間賞与:491,900円
・平均年収:3,963,500円

出所:厚生労働省「平成26年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成26年度 個人教師・塾・予備校講師の年収(規模別)

個人教師・塾・予備校講師の年収は勤務先の規模とあまり相関がないようです。

10人〜99人の事業所に勤める個人教師・塾・予備校講師の平均年収は384万円、100〜999人規模は413万円、1,000人以上規模は395万円、10人以上規模平均は396万円となっています。

個人教師・塾・予備校講師の年収(規模別)_26

平成26年度 個人教師・塾・予備校講師の年収(年齢別)

男性の個人教師・塾・予備校講師の平均年収は426万円、女性の平均年収は321万円となっています。

男性は年齢とともに年収が徐々に上がっていきますが、女性はあまり変化がない傾向にあります。

個人教師・塾・予備校講師の年収(年齢別)_26

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。