野菜ソムリエ資格取得の意味

レベルによって資格取得の意味が変わる

野菜ソムリエの資格には、初級に位置付けられる「野菜ソムリエ」、中級の「野菜ソムリエプロ」、そして上級である「野菜ソムリエ上級プロ」の3種類があります。

それぞれ勉強する内容も違ってきますし、目的も違ってきます。

また、講座受講にかかる費用や難易度も異なるため、まずは自分がどのような目的を持って、野菜ソムリエ資格を取得したいか考えることが大切になるでしょう。

「野菜ソムリエ」資格取得の意味

「野菜ソムリエ」の講座では野菜や果物の基礎知識、そしてそれを人に伝えるためのコミュニケーション方法や野菜をおいしく食べるための調理方法などの基本を学びます。

この資格を取る価値としては、野菜・果物を通して「家族の健康管理」「子どもの食育」「自分自身の健康管理」といったことに役立つということが挙げられます。

食品関係の仕事に就職する場合に有利になることもあるようです。

食に関わる仕事に生かすこともできますが、自身や家族の食生活を豊かにするために、野菜ソムリエ資格の勉強をする人も少なくないようです。

「野菜ソムリエプロ」資格取得の意味

野菜ソムリエに比べると、野菜ソムリエプロは、さらに本格的な知識とそれに基づくプレゼンテーション力などが必要になります。

「生産」「品目」「健康」「歴史」「流通」など幅広い受講をこなし、自分なりに解釈するということが必要になります。

当然、そうしたスキルを磨いて合格して得られる資格ですから、社会的価値も高まります。

この資格を持ち、メディア出演やセミナー講師、書籍出版などをしている人もいますし、カルチャー教室の講師や飲食店でも野菜ソムリエとしての実力を発揮できるはずです。

「野菜ソムリエ上級プロ」資格取得の意味

野菜ソムリエ上級プロは、野菜ソムリエの資格のなかでも最上級の資格です。

取得するのもかなり難しくなりますが、野菜・果物の知識を生かして独立する場合には価値のある資格といえるでしょう。

とくにビジネスの場で力を発揮できる資格と考えられており、さまざまなワークショップを展開したり、事業計画やマネジメントを学ぶことによってコンサルタントとしてのオファーも期待できます。

他の職業とのコラボレーションなどで、社会的に強くアピールできる資格だと考えられます。

ただし、2017年3月時点では、野菜ソムリエ上級プロコースの講座は準備中となっています。

もっと広がりを求められる野菜ソムリエ

野菜ソムリエになりたいと思う動機は人それぞれですが、その根底には「もっと野菜や果物のことが知りたい」「野菜や果物のいいところをみんなに知ってほしい」「野菜嫌いの人にも野菜を好きになってもらいたい」という思いがあるのではないでしょうか。

野菜ソムリエは、仕事場だけでなく地域や社会、生産者との架け橋となって、さまざまな分野で野菜に関する知識を生かして活躍できる資格です。

しかし、国家資格ではなく、資格を得れば必ずこういう活躍ができると決まっている資格ではありません。

将来的にどのような活動をしていくのかは自分自身で決める必要があります。

苦労することもあるかもしれませんが、そこに野菜ソムリエを目指す意味とやりがいを見い出せることでしょう。