ウエディングプランナーに向いている人、適性

マナーや礼儀が備わっている

ブライダル業界は他の業界に比べて、マナーや礼儀に関して非常に厳しいルールが設けられています。

公的な資格がない分、未経験での就業も可能ですが、就業先であるホテルやブライダルコーディネート会社では、非常に高いレベルの接客やサービスが求められます。

言葉遣いや礼儀、立ち居振る舞いが雑な人はストレスが溜まってしまうでしょう。

可能であれば、ブライダルの専門学校に通ったり、ブライダル関係やサービス業でアルバイトなどを経験し、ビジネスマナーを身につけておくとよいでしょう。

人を喜ばせることが好き

ウエディングプランナーの仕事は、「結婚式」という新郎新婦にとって最大のイベントを演出する仕事です。この二人がどこまで満足してくれるか、そのことを常に考えて式をプランニングしていく必要があります。

また、結婚式は新郎新婦のみならず、その場に参加する人みんなが幸せな気持ちになれるイベントでもあります。

そのため、人を喜ばせることが好きな人や、学園祭などのイベントでみんなを盛り上げることが好きな人は適性があるといえます。

普段から見返りを求めず、友人の誕生日などでも相手がうれしくて泣き出してしまうような演出や行為ができる、または考えられるような人は、ウエディングプランナーに向いているでしょう。

想像力

ウエディングプランナーは式全体の演出をしなければなりません。そこで必要なのはプランニング力です。近頃ではプランナーにより演出力に差があり、独創的な演出で評判を集めるプランナーも大勢います。

もちろん、そのような方は業界でも話題になり、連日連夜さまざまな案件を抱えていきます。多くの式に携わることができ、忙しいながらも大きな充実感が味わえるでしょう。

常日頃からさまざまな演出やパーティーの企画、面白いことを考えられ、実行できるような人は、この仕事にピッタリかもしれません。

忍耐力

結婚式を成功させるためには、事前の綿密な打ち合わせをはじめ、式当日も細部まで気を配っていかなければなりません。そのため、注意深く、几帳面であることが求められます。

しかし、いくら注意してもクレームがきてしまうこともあります。そうした状況においても、冷静に対応を続けることが大切です。

華やかに見える仕事ではありますが、あくまで対人関係の仕事であるため、忍耐力がなければ続けることは難しいでしょう。

営業力

この仕事をするうえで忘れてはいけないのが、「営業」の要素もあるということです。

「人に尽くしたい」という気持ちを持つことは大前提ですが、お客さまに対して魅力的なプランを提案し、自社で式を挙げてもらうカップルを増やすことも、ウエディングプランナーの大切な仕事なのです。

ウエディングプランナーは、形のないサービスを創っていく仕事であるため、苦労も大きな分、やりがいを感じて働いている人が多いです。

「本気で新郎新婦を祝福し、最高の結婚式にしてあげたい!」という無償の愛を注げる人であれば、長く続けていけるでしょう。

仕事体験談