ウエディングプランナーになるには

ウエディングプランナーになるには

ウエディングについて学べる大学・専門学校・養成スクールに通う

ウエディングプランナーは、働く際に必要となる資格や学歴はとくにありません。そのため、専門学校やスクールに必ず通わなくてはならない、というわけでもありません。

しかし、ウエディングプランナーを目指す人が増えている現代は、就職も狭き門となっています。大学や専門学校、スクールでブライダルの専門知識を勉強してきている人のほうが、就職に有利に働くこともあります。

大学で学ぶ

大学によっては、ブライダルの基礎を学ぶことができる学科も用意されています。ブライダルの知識のみならず、一般教養まで広く学ぶことができます。

専門学校で学ぶ

ブライダル系の専門学校は、ブライダル業界で働くことを前提としたカリキュラムとなるため、より実践に即した勉強ができます。

卒業後はホテルやブライダル会社へ就職し、プランナーを目指すといった流れが一般的になっています。

養成スクールで学ぶ

ウエディングプランナー養成スクールの場合は、すでに社会人として働く方を対象にしているケースが多く、即戦力をつけるための短期集中型の内容になっています。

また、この職業は公募よりも、専門学校やスクールへの求人が多い傾向にあります。このことから、専門学校やスクールに通い、業界について学びながら資格を取得することがウエディングプランナーへの近道となるかもしれません。

ウエディングプランナーになるための学校

ホテルやブライダルコーディネート会社で働く

現在、ウエディングプランナーとして活躍する人全員が、上記に挙げたような学校を出ているわけではありません。

ウエディング業界はしきたりやルールが多いため、まずはウエディング業界に入ってアルバイトで働いたり、プランナー以外の業務をすることによって、現場に慣れていきながらスキルアップする人も多くいます。

なお、ウエディングプランナーには公的な資格はありませんが、「全米ブライダルコンサルタント協会(ABC)」が認定する「ブライダルプランナー検定」という資格が存在します。

人気職となっているだけあり、資格取得は就職の際のアピールポイントにもなりますし、お客さまからの信頼感も集めやすくなるため、取得しておいても損はないでしょう。

ウエディングプランナーになるまでには経験が必要

ウエディングプランナーは経験が必要とされる仕事です。そのため、ホテルや結婚式場等に就職したとしても、すぐにプランナーとして働くことが難しい職場もあります。

ホテルなどでは、ウエディング以外の他の部署で何年か経験を積み、異動の希望が通ることで、ようやくウエディングプランナーの仕事に就けるといった流れが一般的となっています。

ウエディングプランナーの現状と今後の見通し

結婚式場業売上高

結婚式場業の売上高は年々減少してきています。2014年度は1468億円と、ここ10年で最も低い売上高となっています。
結婚式場業売上高の推移_2014

結婚式場業取り扱い件数

結婚式業の取り扱い件数も2006年より減少を続けています。2014年度の取り扱い件数は48,659件となっています。
結婚式場業取り扱い件数の推移_2014

結婚式場業従業員数

結婚式場業の従業員数は2014年時点で16,854人です。2014年は前年よりも若干増加しました。。
結婚式場業従業者数の推移_2014

従業員数における正社員の比率

正社員の比率は減少傾向にありましたが、ここ数年は横ばいとなっています。2014年の正社員比率は38.9%となりました。
結婚式場業 従業員に占める正社員の割合_2014

現状と今後の見通し

結婚式や披露宴にこだわりを持つ人が増えてきています。かつてはホテルの独壇場だった結婚式も、ハウスウエディングやレストランなどさまざまな場所で行われるようになりました。ウエディングをプロデュースする専門の会社も増えてきています。

結婚式業は競争の激しい業界ですが、ニーズが多様化していく中で、ウエディングプランナーの役割は今後ますます高まっていくと考えられます。

仕事体験談