ウエディングプランナーに学歴は必要?

特別な学歴は必要なし

ウエディングプランナーとして働くにあたっては、特別な資格や学歴は必要ありません。

全国各地にはウエディングプランナーになるための専門学校がありますが、このような学校を卒業していないからといって就職が不利になるわけではないので、専門学校に進学するのは必須ではないと理解しておいてよいでしょう。

それでは、高校や大学などの学歴はどうなのでしょうか。

結論からいいますとこれも必須ではありません。

ただし、一部の大手結婚式場やホテルの場合、採用試験において「高卒以上の学歴」「大卒以上の学歴」があることを前提条件としていることもあるようです。

人気の企業の場合は高学歴の学生が集中し、就職試験で厳しい競争が繰り広げられることもあります。

人間性やコミュニケーション能力が重要な職業ではありますが、大学で培った語学力や企画力、見分の広さが生かせる局面もあるでしょうから、学歴は決して無駄にはならないでしょう。

学歴よりも資格を取得する方法も

ウエディングプランナー養成のための学校に通うことができない場合、テキストを使って独学で勉強し、「ブライダルプランナー検定」を受験するという方法もあります。

この検定試験は学歴や年齢による受験制限がないので、誰もが挑戦することが可能です。

試験はステップアップ方式で、まずは「ブライダルプランナー検定2級」の試験に合格、その後「ブライダルプランナー1級」の試験に合格します。

最終的には1級合格者を対象にした「アシスタント・ブライダルプランナー資格登録申請」を行うことで、証書やライセンスバッヂを発行することができます。

また、結婚式場でのアルバイトを通して実践経験を積み、就職試験に臨むという選択をする人もいます。

春や秋の繁忙期には特に短期のアルバイトの募集も多いので情報誌などでチェックするとよいでしょう。

学歴がなくても資格や経験を武器にして夢を叶えることができるので、諦めずに道を探ることが大切です。

仕事体験談