和裁士の給料・年収

和裁士は学習期間が長く、国家資格を取るのも難しい仕事です。そのような高い技術を身につけた和裁士の給料や年収は、どれくらいの水準なのでしょうか。

和裁所の社員の場合

和裁所に未経験の見習いとして入所すると、勉強しながら働くというスタイルになります。見習いが浴衣や長襦袢が縫えるようになると、ひと月に縫った分だけが給料となる、というシステムの和裁所が多いようです。

見習い始めは縫うスピードも遅いでしょうし、仕立て代が安い簡単な和服しか縫えません。そのためお給料には期待せず、無料で勉強をさせてもらっている、という気持ちで臨むのが長続きのコツでしょう。

1級、2級和裁技能士資格を持っていると、正社員登用がされやすくなりますが、お給料の水準は月額18万円~20万円と、決して高くはありません。しかし各種社会保険、交通費はしっかり支給されるところが多いため、安定を求める人には向いているかもしれません。

1級、2級和裁技能士資格は持っていないけれど経験はある場合、給与水準はさらに低くなります。正社員でも14万円~15万円と、大卒初任給の平均を大幅に下回ります。

フリーランスの場合の収入

フリーランスの場合は、仕立てる技術とスピード、受注量、季節など、さまざまな要因によって収入が大幅に変化します。

例えば袷(裏地付きの冬物)は、単衣(裏地なしの夏物)に比べて縫う量が多いので、仕立て代が上がります。また、浴衣になると仕立て代はさらに安くなります。単衣の発注量が増える夏期の収入は、冬期よりも減ることが予想されるでしょう。

和服の種類によっても仕立て代が大幅に変わります。小紋は袷で2万5千円ほど、振り袖や留袖になると5万円ほどが平均のようです。

仕立て日数は、熟練の和裁士だと小紋で1日半、振り袖で2日というのが目安ですが、これは朝から晩まで同じペースで根を詰めて縫う場合を想定しているので、1日にそれほど時間がとれない人は、もっと時間がかかります。

上記のペースで1ヶ月に20日間働くとして、すべての和服の種類をバランスよく受注するとなると、単純計算で35万円~40万円ほど収入があることになります。
(数字の参照:衣裳研究会 http://isyoukenkyukai.co.jp/)

フリーランスの現実は厳しい

しかしフリーランスの場合、十分な受注ができないという現状があります。和服業界自体が縮小傾向のため、和裁士のニーズが減っていることなどが原因です。そのため、年収が150万円以下の和裁士も珍しくないということです。
(参照:honne.biz http://honne.biz/job/h1270/)

受注量を安定させるため、専門学校時代や和裁所時代のコネを大事にする、常に営業を欠かさないなどの絶え間ない営業努力が必要になってきます。また、和裁だけでなく着付けやカラーコーディネート資格を取得するなど、プラスαの独自性を獲得していくのも重要と言えそうです。