トリマーの転職

トリマーに転職するなら

社会人や主婦からトリマーに転職しようと思った場合、まずは動物に対する知識や技術を身につけることが必要です。

その方法としては、トリマー養成のための専門学校の夜間制コースに通う、通信講座で学ぶという選択肢があります。

こうした講座で勉強して民間のトリマーの資格を取得することで、就職活動の際に実力をアピールすることにつながります。

あるいはペットショップでアルバイトとして働くという選択肢もあります。

掃除や接客などの手伝いから始めて、少しずつ動物の世話の方法を学んでいけば、いつか正社員として採用される日がくるかもしれません。

専門課程は修了しておこう

トリマーに関する知識や技術の修得には所定の講座で学ぶのが最も近道です。

前掲のように通信科や夜間科であれば仕事や家庭との両立も不可能ではありません。

余程のことがない限りはトリマーへの転職活動の第一歩は専門課程への入学であるといえます。

というのもトリマーの世界は経験がすべて。未経験者はほとんど相手にされません。他業種からの転職は無謀と言わざるを得ないのです。

また正社員登用は専門学校を卒業していることが第1条件という会社もあります。

転職を成功させるにはまず然るべき機関で確かな知識と技術を修得しましょう。

犬を飼った経験は大きな強みに

この業界が経験者優遇の世界であることは前述のとおりです。

未経験の転職者はどうしても不利になりがちなのは否めませんが、犬を飼った経験のある人は採用の際に大きなアピールポイントになります。

餌やりや排便などの世話のコツや、言うことを聞かない犬へのアプローチの仕方などは、実際に飼わないことにはなかなか身に付くものではありません。

トリマーを目指す段階で犬を飼い始める人もいるほどです。

動物と寝食を共にすることで多くの学びを得ることができ、仕事に生かすことができるといえるでしょう。

経験者は優遇される

経験者であれば転職は比較的しやすいと考えていいでしょう。

ただし、2年未満の就業経験では「経験者」とみなされないこともあります。

動物の扱いから接客にいたるまでトリマーとして必要な知識や技術はやはり最低でも2年位は働かないと身につかないものです。

同業からの転職者は同一の会社で2年以上務めた後に活動を開始すると、良い条件での採用を目指せるといえるでしょう。

トリマーから転職するなら

逆にトリマーから他の仕事に転職しようと思った場合、どんな選択があるのでしょうか?

動物とは全く関係のない仕事に就くこともできますが、やはり動物が好きでトリマーになる人が多いことを考えると、できるだけ今までのキャリアを活かせる仕事に就くことが理想でしょう。

トリマー以外に動物の世話をすることができる仕事としては、飼い主さんから一時的にペットを預かって面倒をみる「ペットシッター」という仕事があります。

その他にも、犬のしつけや訓練を行う「ドッグトレーナー」や、病気のペットのケアを行う「動物看護師」の仕事があります。

いずれも民間資格で、養成学校などに通ったり試験に合格したりすることで資格を取得できます。

転職を成功させるために

最近では、動物に対する医療技術も進歩が進み、長生きする犬や猫が増えました。それと同時にペットの高齢化にともなう介護の問題が注目を集めており、「動物介護士」という仕事も広がり始めています。

老齢犬や老齢猫の食餌・排泄の介助を行う仕事で、飼い主さんの負担を軽減させることができると考えられています。

このように、ペットに関係する仕事では、時代のうつりかわりとともにぞくぞくと新しいサービスが誕生しています。

今後もさまざまな職業が新たに作られていくでしょうから、動物をケアする仕事に就きたい人は、より自分に合った仕事を見つけられるよう情報収集しながら職業を選ぶことが大切です。

仕事体験談