トリマーになるには

トリマーには資格が必要?

日本には、専門学校を卒業したり試験に合格したりして、国家資格を取得しなければ就くことができない職業があります。たとえば、医師や看護師、弁護士、美容師、調理師です。

動物に関する仕事だと、獣医師は国家資格に当てはまり、もし資格を持っていない人が動物の治療を行ったら法律違反となってしまいます。

一方で、トリマーという職業には、国家資格が存在しません。実力さえあれば、誰だっていつでもトリマーとして仕事を始めることが可能なのです。

実際に働くには専門的なスキルが必要

しかし、実際には完全な独学でトリマーとしてのキャリアをスタートさせるのは、非常に難しいところがあります。

犬のヘアカットだけでも、覚えることは山積み。百種類にものぼる犬種ごとに、性格の違いや毛質の特徴、似合うとされるヘアスタイルを知っておかなければ、思い通りのトリミングをすることができません。

また、作業中にペットが暴れてしまうととても危険ですから、なだめる方法や体を上手におさえる方法を知っておくことも大切です。

ペット全般に対する深い知識や経験がなければ、トリマーとして臨機応変に対応しながら働くことは難しいのです。

トリマーを目指すための第一歩

そこで、トリミングの際に役立つ技術を身につけるために、1〜2年にわたってトリマー育成のための専門学校や通信講座で勉強をしたり、ペットショップのアルバイトで経験を積んだりしてから、就職を目指すのが一般的な道となっています。

また、民間の団体が独自の審査基準を設けて与えているトリマーの資格もあります。

トリマーは資格や免許がなければできないという仕事ではありませんが、こうした資格を取得することで、就職の際に自分の知識や技術をアピールできるようになります。
トリマーの資格

トリマーになるには

トリマーの就職先

トリマーの就職先としてはペットショップや動物病院が多く、最近ではペット専用のサロンも人気です。

ペットショップでは、ショップにいる動物の世話や散歩をしたり、ショップで販売している商品の管理などまで任されることもあります。

動物病院では、獣医師のサポートのようなトリマー以外の役割も期待されていることが多く、動物衛生看護師など動物看護系の資格が必要となることもあります。

トリマーとして働く

トリマーとして就職しても、初めから一人でトリミングを任せてもらえることはめったにありません。

シャンプー、爪切り、耳掃除やペットの世話などをしばらくは続け、それ以外の時間でトリミングの練習を行います。

トリミングができるようになってからも、飼い主の細かい要望に応えるために、日々技術を磨いていくことが必要です。

実力がモノをいう世界なので、力が付けば、いずれ独立して自分の店を持つこともできるでしょう。

トリマーに求められる能力

動物好き

言うまでもありませんが、トリマーは常に犬や猫と接するため、動物が好きでなければ務まらない仕事です。

待遇面で恵まれている職業ではないため、「どうしても動物に関わる仕事がしたい」という人でないと、続けることは難しいかもしれません。

手先の器用さ

トリマーはペットの「美容師」のような存在です。人間の美容師同様にセンスや手先の器用さも求められます。

しかし、人間と違い、動物の場合は長時間おとなしくしているとは限らないため、施術中は集中力を切らさずに作業する必要があります

体力

時には暴れたり噛み付いてきたりする犬を扱うこともあります。また、何十キロもある大型犬を相手にする場合には、かなりの力を必要とします。

一日の大半が立ち仕事であるため、体力がないという人にはつらい仕事かもしれません。

コミュニケーション能力

ペットは言葉を話すわけではないため、飼い主とのコミュニケーションも大切な仕事です。

飼い主の要望を汲み取り、適切に応えていくことができれば、絶大な信頼を集めるトリマーになれるでしょう。

トリマーの今後の見通し

サービスの差別化

ペットを飼う人は、今後も増えていくと考えられます。そして、飼い主のペットに対する愛情も高まっているため、ケアを行うトリマーの需要は増加するでしょう。

一方、ペットサロンやペット美容室を開業する人も増加しています。店ごとの競争が激しくなるにつれ、今後はサービスの差別化がより求められてくるものと考えられます。

男性のトリマー

トリマーに就く人は、女性が9割を占めているといわれますが、近年では男性のトリマーも増えてきています。体力が求められる仕事であるため、男性に向いている面もあります。

年度別トリマー資格登録者数

社団法人ジャパンケンネルクラブのトリマー資格を持つ人は、ほぼ横ばいの傾向にあります。2013年時点でのジャパンケネルクラブトリマー資格の登録者数は15,510人となっています。
トリマー資格登録者数_2013

トリマー資格登録者数

ジャパンケンネルクラブのトリマー資格を種類別に見ると、C級5,457人、B級8,207人、A級1,729人となっています。
トリマー資格登録者数(種類別)_2013

犬猫の年代別飼育状況

一般社団法人ペットフード協会の資料によると、平成25年時点での犬の飼育頭数は約1087万頭、猫は約974万頭となっています。一時期のペットブームも落ち着き、平成20年度から減少の傾向があります。
トリマー_犬猫の年代別現在飼育状況_25

仕事体験談