スタイリストの給料・年収

スタイリストは経験や実力、あるいは勤務先、働き方によって給料に大きな差がでる職業です。

したがって、その平均年収を出すのも少々難しいのですが、ここでは事務所に所属しているスタイリストとフリーで活動するスタイリスト、さらには一人前になるために必ず通らなければならない、アシスタント時代の平均的な収入についてご紹介します。

アシスタントの平均の収入

スタイリストアシスタントの平均年収は、0円〜150万円程度が一般的で、手取りの月額収入が10万円程度ということも多々あります。

もし事務所に入っているのであれば、「日給」や「時給」が設定されている場合もあり、若干の安定感はあるでしょう。

しかし、フリーのスタイリストに付く場合、スタイリストが高名な有名人であると「お金はいらないから師事したい」という人がごまんといることもあり、収入は0になる可能性もあります。

いずれにしても、アシスタント時代はあくまで勉強期間。収入は「お小遣い程度」と考えておいたほうがよさそうです。

一般的なスタイリストの平均年収

事務所に所属する場合でも、フリーランスの場合であっても、平均年収は200万円〜500万円ほどになる人が多いようです。

ただし、フリーランスやフリーランスのような雇用形態を取っている会社の場合は、自分の仕事がなければ収入は0円です。

しかし経験を積み、ある程度案件がもらえるようになれば、有名人の専属スタイリストになったり、大手企業との取引も増え、年収も上昇していくでしょう。

ある程度高額の収入を得ているスタイリストは、事務所に所属せずフリーランスで活躍する人がほとんどです。

スタイリストが必要とされる案件はさまざまありますが、単発の仕事ばかりしていると、その月によって収入に大きな幅が出て不安定になりがちです。

生活の安定を求めるのであれば、一つでもレギュラーの仕事を増やすべきでしょう。

また、たとえ独立できたとしても、運が悪ければ「収入がほぼない」という状況に追い込まれる可能性もあります。

スタイリストとして安定した地位を築いていきたいのであれば、「何が何でも一流のスタイリストになる!」といった情熱や努力と、「どんなことがあっても続ける」といった根気強さが必要です。

フリースタイリストの働き方・給料

実際、スタイリストのほとんどはフリーランスとして働いています。

スタイリスト事務所に入り、専属のスタイリストとして活動している場合もありますが、「クライアントからダイレクトに仕事・報酬をもらえる」といったメリットから、力が付いたところでフリーでの働き方を選ぶ人が大半となっているのです。

フリーの場合、仕事は営業活動をして自分で取りにいかなくてはいけません。そのため、アシスタント時代に業界の人とのツテを作っておくことも大事です。

さらに、フリーになれば「自分の名前」で仕事をしなければなりません。

大勢のライバルがいる中、毎回100%の結果を出すことは当然、それにプラスアルファの価値を付けて120%の仕事をする気持ちで取り組まなければ、クライアントの印象には残りにくくなります。

そして、もし100%の結果が出せなければ、それ以降仕事がもらえなくなる可能性は十分にあります。

プレッシャーも大きいため大変な毎日ですが、自分の力で未来を切り開いていく充実感とやりがいは、存分に感じられるでしょう。

フリースタイリストの収入

フリーランスは忙しければ、つまり仕事が増えれば増えるほど収入もアップしますが、仕事がなければ収入は0円です。

ただし、3年ほど経験のあるスタイリストであれば、平均的な年収として200万円〜500万円にはなるようです。

仕事量が増え、一人でこなすのが厳しくなってきたところでアシスタントを雇う人が多いようです。フリーの場合は企業や個人事務所ではないため、アシスタントに給料を与えるかどうかは自分で決められます。

しかし、少なすぎる報酬しか出さず、アシスタントに「これじゃやっていられない」と逃げられてしまったら、元も子もありません。

その辺りのバランスを取れるようになり、実力もついてくれば、有名人から仕事のオファーをもらえたり、大手出版社や制作会社からの依頼がくるようになります。

そうなると年収は1千万円を超え、名が売れて年収1億円といった大金を稼いでいる人もいます。

手元に残る金額は?

スタイリストは、頻繁に服を買っているイメージがあるかもしれません。しかし実際はそうでもなく、手持ちの服を上手に着まわして、オシャレ感を出すのがスタイリストの腕の見せどころです。

そのため、衣服代は普通そこまでかかりませんが、現場に出かける際の交通費や飲食費、さらには道具類の諸経費がかさんできます。

フリーで働く場合は経費精算も自分で行わなければならないため、しっかりとした内訳の把握が必要です。

ただし、アシスタントに報酬を与えた残りは自分の収入にできるため、やりくりさえ上手にすれば手元に残る金額は多いでしょう。

仕事体験談