消防士になるには

消防士採用試験を受験する

消防官になるためには、各自治体が実施する「消防士採用試験」に合格する必要があります。

採用自体も自治体ごとに行われます。地域によって採用試験の日程や試験内容などに違いがあるため、自分が受験したいと考える地域の試験内容については、事前によく確認しておく必要があります。

自治体によって異なりますが、たとえば、東京消防庁での採用試験は「Ⅰ類」「Ⅱ類」「Ⅲ類」「専門系」の4つの区分に分かれており、それぞれ受験資格が異なります。

Ⅰ類は大学卒程度、Ⅱ類は短大卒程度、Ⅲ類は高校卒程度、専門系は法律、建築、電気、電子、通信、化学、物理、土木、機械などの専門知識を持っている人が対象となります。

専門系以外では、とくに学校の学部・学科が問われることはありません。

なお、上記の区分はあくまでも「試験の難易度」を示すものであり、最終学歴が高卒であってもⅠ類を受験することも不可能ではありません。

実際に消防士として働く際にもこの区分が適用されます。

消防士は学歴によって有利・不利という仕事ではありませんが、区分によって初任給、昇進・昇給のスピードや幅などに違いが出てくるため、まずは自分が消防士としてどの枠で働くのか、事前に情報収集しながらしっかりと目標を定めることが大切です。

また、試験内容はそれぞれの枠によってさまざまです。消防士は人気の職業であり、東京都消防官の採用倍率は、例年いずれの区分も10倍以上になることが多く、高倍率となっています。

消防士の資格・消防士採用試験

また、消防士のなかでも救急車に乗って救急救命が必要な現場へと出動する「救急救命士」として働くためには、別途「救急救命士国家試験」に合格する必要があります。

救急救命士の仕事

消防士採用試験合格後の流れは?

消防学校へ入学する

消防官採用試験に合格すると、各自治体の消防学校に入学し、消防の基本的な知識や機材の扱い方など、消防士に必要な知識や技能を学ぶことになります。

消防学校は全寮制になっており、訓練・学習は基本的には半年間で修了します。

「学校」といっても、いわゆる一般の高校や大学などとは異なり、消防隊員としての立場で学んでいくことになります。したがって、学校に在籍中も、各自治体から消防隊員としての給与、手当等が支給されます。

消防署へ配属

消防学校を卒業後は各自治体の消防署へと配属され、消防士として働くことになります。

さらなるスキルアップを目指す

消防士の仕事は他人の命を助けると同時に、常に自分の身を危険にさらす仕事です。

命を救う技能を磨くため、消防署に配属後は実務経験を積みながら資格取得などを目指し、さらにスキルアップをすることも求められてきます。

具体的には、救急隊員として病院に搬送するまでに適切な処置を行う「救急救命士」、消化器やスプリンクラーなどの点検を行う「消防設備士」、その他にも「防火管理者」や「自衛消防技術認定」などさまざまな資格があり、これらの取得を目指して自分のパフォーマンスのレベルを向上させることができます。

消防士に向いている人・適性

体力

消防士は非常にハードな仕事です。

通報を受ければ食事中や仮眠中であろうとすぐに現場に急行し、文字通り自分の命をかけて人命救助・消火活動に当たります。

消火活動の際に着用する防火服や酸素ボンベなどの重量は20キロを超え、火災現場の温度は1000度を超す場合もあります。

生半可な覚悟では務まらない仕事ですし、体力も必要とされるため、日頃から厳しい訓練をして身体を鍛えておく必要があります。

判断力

消防や救急は常に緊急事態の現場であり、迅速な判断を求められます。常に冷静に適切な判断を下せることが必要です。

体力だけでなく、強靭な精神力、そして冷静な判断力が問われます。心身ともにバランスの取れた能力が求められるでしょう。

正義感

消防士は危険と隣り合わせの仕事です。仕事はハードであり、「公務員で安定しているから」といった安易な気持ちで入隊しても務まらないでしょう。

職務をまっとうするためには、何よりも人の命を助けるという正義感や使命感が欠かせません。

消防職員数の推移

消防職員の数は一貫して増加を続けています。平成27年時点での消防職員の数は162,124人となっています。
消防職員数の推移_27

消防職員の男女比

消防職員の男女比は男性157,699人(97.3%)、女性4,425人(2.7%)となっており、女性の比率が若干増えつつあるものの、ほとんどが男性で占められています。
消防職員の男性・女性比率_27