料理研究家のやりがい

世界でひとつだけのレシピ

料理のレシピというのは、たくさんの努力と研究を重ねた上で作り上げるものであり、言わば「発明品」のひとつです。

どんな食材を使うか、どの分量で調味料を配合するか、隠し味は何にするのか、火加減はどうするのか…。

レシピに記された細やかな指示がなければ、美味しい料理を再現することはできないのです。

定番メニューであるカレーライスや肉じゃがだって、意外な食材を使ってみたり調味料の配合を変えたりすることで、極上の味わいに変身させられることがあります。

料理には正解がないぶん、アイディアや可能性を無限に試すことができるのが、料理研究家にとって最も面白いところでしょう。

料理研究家のなかには「とにかく料理が大好きで面白くてたまらないので、仕事と趣味を同時に実現させている」という感覚の人も多いようです。

食のブームの火付け役に

料理研究家が努力を積み重ねて考え出した調理方法や、苦労して見つけ出した食材が、世間で大きな注目を集めることがあります。

少し前には「シリコンスチーマー」と呼ばれる電子レンジ専用の調理器具を使った調理方法が大ブームになりました。

また、発酵食品である「酒粕」や「塩麹」、「塩レモン」を使ったレシピなども、今ではすっかり世の中に浸透しています。

料理研究家がテレビや本で紹介することは、世の中に大きな影響を及ぼすものなのです。

食のブームの火付け役となり、たくさんの人からの反響があると、料理研究家も最高の達成感を手に入れることができます。

どこかの食卓に届ける笑顔

老若男女、世界中のどんな人だって、食事をとらなければ生きていくことはできません。

「食」というのは、人間の体を支える大切な栄養源です。そしてそれは同時に心の栄養にもなっています。

家族や友人と囲む食卓には自然と笑顔があふれるものですし、ときにはその美味しさに心を癒やされることもあります。

多くの料理研究家は、自分が生み出す料理が、どこかの食卓で誰かの心や体を元気にしてくれることを心から祈っています。

実際に、レシピを紹介したあとに、ときには「美味しかったです」「家族がとっても喜んで食べてくれました」「我が家の定番の料理になりました」という感謝の声が届くこともあります。

人々の幸せや健康を願って仕事に向き合うことができるという点で、料理研究家はとてもやりがいの大きい仕事です。