パイロットの仕事内容

離陸までにも多くの業務をこなす

航空会社で働くエアラインパイロットの役割は、旅客機を操縦して目的地まで安全に「人」と「貨物」を運ぶことです。一度のフライトを無事に終えるためには、パイロットもただコックピットに座って操縦するだけでなく、関連するさまざまな業務をこなしています。

パイロットの仕事は、航空機に搭乗する前から始まります。

まずは、出発前に機長は運行管理者や副操縦士、一緒に乗務するキャビンアテンダントなどとミーティングを行い、気象データや空港の状態などの確認をします。航空機の整備状況や飛行高度、燃料についても同様に確認を行います。

そしてコックピットに入ってからも燃料の確認、機器への飛行データ入力、計器類の確認やエンジンスタートの準備を機長と副操縦士の二人で分担して行います。

離陸などの指示を出す航空管制官との無線通信、そして客室内の準備をするキャビンアテンダントと連絡を取り合って、全てがOKであればようやく離陸となります。

安全で快適な飛行が第一

大型の旅客機には機長と副操縦士の2名が乗り込みますが、機長は実際に操縦をし、副操縦士は管制官との通信や機長の補佐を行います。もちろん、操縦技術を高めるために日ごろから訓練を重ねることも、大切な仕事の一部です。

飛行機は好き勝手に飛んでいるわけではなく、必ず綿密な計画の元にフライトが行われます。フライトは自動操縦をすることもできますが、気を緩めることはできません。

気象の変化など事前に予測できないことも発生するため、管制官と連絡を取りながら、安全に航行できるよう航路を定めます。大きな気流の乱れや落雷の危険性があれば避けるべきなので、管制官と連絡をとって進路変更を行うこともあります。

また、飛行中もエンジンや機器トラブルが発生していないか、燃料が不足していないかなど計器類やレーダーをチェックし、さまざまなことに気を配っています。

すべては安全で快適な飛行のため。たとえ自動操縦機能があっても、常にパイロットの目で確認・判断し、いつでも無事にフライトを終えることが第一です。

着陸後は、飛行日誌を記入し、フライトの振り返りを行います。整備担当者に機体の状態を連絡し、フライトの終了となります。国際線では1日1便、国内線では1日数便のフライトを行います。