検事と検察事務官との違い

検事とは何か

そもそも「検事」とはどんな仕事なのでしょうか?

まず、検事は「検察官の役職の一つ」です。検察官は、上の立場から「検事総長」「次長検事」「検事長」「検事」「副検事」となっており、それぞれ職務や仕事内容が異なります。

検察官全体としてのおもな役割は、警察等から送致を受けた事件等について捜査を行って、裁判所へ起訴(裁判を起こすこと)するかどうかを決定したり、起訴した事件について公判で立証し、裁判所に適正な裁判を求めたり、実際に裁判の執行の指揮監督を行うといったことです。

そのうち検事は、最高検察庁や高等検察庁、地方検察庁などにおいて、捜査・公判および裁判の執行の指揮監督などの仕事を行っています。

検察事務官との違い

では、検事(検察官)と検察事務官との違いはどこにあるのでしょうか?

検察事務官は、検察官の指揮の下、犯罪の捜査、逮捕状による逮捕、罰金の徴収などの事務を行う仕事です。

職務権限が定められており、その中には「被疑者を取調べること」「逮捕状により逮捕すること」といった内容のほか、「検察官の命により検視をすること」といったものも含まれています。

検察官も検察事務官も同じ国家公務員ですが、検察事務官は「検事(検察官)の補佐を行う役割」といったイメージを持つと、わかりやすいのではないでしょうか。

検察事務官は、検察官と一緒になって犯罪の捜査をしたり、裁判の結果確定した懲役刑等の執行手続きや罰金等の徴収業務に携わるなどのほか、「事務」という名前が付いているとおり、総務・会計などの事務的な仕事も行っています。