研究者に必要な資格、スキル、学歴

専門の知識や技術が不可欠

研究者の仕事は非常に専門性が高いため、その分野に関して誰にも負けないくらいの深い知識や高い技術力が求められます。

学歴に関しても国内のトップレベルの大学や大学院を卒業している人が多く、全国から優秀な人材が集まる職業といってもよいでしょう。

この職業に関しては、未経験の人間が「やる気」や「人間性」だけで採用されるということは考えにくいのです。

研究者に必要な学歴

それでは、研究者になるには、どのような学歴が必要なのでしょうか。

一般論にはなりますが、大学の教授や国立研究所や大手企業の研究員として採用されるためには、優秀な大学の大学院の博士課程まで進学し、学生時代からその分野の若手の中で頭角を現すような活躍をしておくことが大切です。

学会や研究会、シンポジウムに積極的に参加したり、インパクトのある論文を発表したりして確実に実績を作っておくとよいでしょう。

チャンスがあれば在学中に海外の大学に交換留学して研究を深めておくことも視野に入れるといいかもしれません。

もちろん、研究には幅広い分野があるので、内容によっては大卒の学歴が必要ないこともあります。

たとえば、機械系のメーカーの研究者は「高専」と呼ばれる高等専門学校を卒業してから就職することもありますし、調理科学の研究者は栄養士の専門学校を卒業してから個人で料理研究家として活動をすることもあります。

研究者に必要な資格・スキル

研究者に必要とされる資格やスキルは分野によって異なりますが、今の世の中において共通しているのは「高い語学力」ではないでしょうか。

グローバルな規模の学術誌での発表をめざすため、理系にしても文系にしても、英語で論文を書くのが当たり前になっている時代です。

また、海外の論文や資料を読めなければリサーチが深まらないということもあるので、最低限でも英語だけは高いレベルで読み書きできるようにしておきましょう。

学生時代にTOEICや英検などの試験にチャレンジして結果を残しておくことも大切です。