板前の勤務時間・休日

勤務時間

板前の勤務時間は、大手チェーン店やホテルなどに勤める場合、「シフト制」となっている場合が多いです。たとえば「8:00〜22:00の間で実働8時間」といった具合です。

早番、遅番など毎月シフトが組まれており、それぞれ交代で働きます。

ただし、個人店に勤める場合はこうとは限りません。

たとえば、店の営業時間が「11:00〜14:00(昼)、17:00〜22:00(夜)」だった場合、これだけで計8時間となりますが、それに加えて営業前の仕込み作業、営業後の片付けなどもあり、一日に10時間〜12時間以上の拘束となる場合もあります。

また、夢が叶って独立開業した板前も長時間働く人が多いです。

人材を雇って仕事を任せられるようになれば休める時間が増えますが、自ら早朝に市場へ出向いて仕入れを行ったり、店の売上管理を行ったりなど、勤め人であった時期よりも勤務時間は長くなるかもしれません。

休日・休暇

板前の休日は、多くの場合「店の定休日」となります。これは「日曜・祝日」であったり、「水曜日」など平日に一日だけであったりとさまざまです。

ただし、立場や状況によっては定休日にも出勤して仕入れや仕込みなどを行ったり、板前が何人もいる職場の場合、一日の定休日に加えて交代でもう一日休むこともあるなど、勤務先によって休日の取り方は変わってきます。

全体として見ると、「月に5、6日程度」の休みが一般的なようです。

夏季休暇などを設けている店もありますが、年末年始などの繁忙期シーズンになると、休日返上で働くこともあります。その他、有給休暇や特別休暇、育児・介護休暇制度なども勤務先によって異なります。

飲食店は長時間勤務や休日の少なさなど、労働環境が厳しいことで知られていますが、最近はできるだけ働きやすい環境づくりに取り組む企業や店も増えつつあるようです。

とはいえ、お客さまありきの商売ですから、「決まった時間だけ働いてたくさん休みたい」といった考えの人には、あまり向いていない仕事と言えるでしょう。