保育園での子どもの叱り方

「怒る」と「叱る」の違い

「怒る」と「叱る」は同じように思えますが、まったく違うものです。

簡単にいうと、下記のように区分できます。

・怒る=大人の憤りの感情を子どもにぶつける
・叱る=子どもにこうなってほしいという成長を見据えた上での行動

すぐに、簡潔に叱る

叱るにはいろいろな場面や原因があります。まず、叱るときはすぐに叱ることが大切です。

まだ幼い子どもです。時間が経った後で子どもに叱ったところで子どもは何で叱られているのかわからないようです。

どうしても無理なときもありますが、それ以外のときはその場で子どもに伝えることが重要です。

また、あまりにも保育士が感情的になってしまうとNGです。どこが間違いだったかということを子どもに教えなければいけません。

冷静でなくなると怒りに代わってしまったり、指導すべき点がわからなくなる時も出てきます。

簡潔に叱るということも忘れずに。延々と叱っていても子どもの頭に入りません。

「まだ終わらないのかな」「早く終わればいいのに」そんな気持ちにさせてしまっては、保育士の言葉も耳に入りません。

それでは意味がないので、重要なポイントを的確に指導するとよいでしょう。

叱るときは子どものためを思うこと

子ども一人ひとりには個性があり、性格も違います。そのため、その子どもに合った叱り方というものがあります。

乱暴な子どももいれば、おとなしい子どもや真面目な子どももいます。そんな子どもの性格によっても保育士は臨機応変に対応しなければいけません。

このように子どもによっても叱り方は少しずつ変わりますが、一番大事なことは子どものことを思って、子どもの成長を考えて叱るということです。

子どもと一緒に成長できるように、保育士は感情をコントロールする必要があります。

仕事体験談