ピアノが苦手な人は保育士になれない?

ピアノが苦手な保育士は少なくない

保育士に憧れるけど、ピアノを触ったことがないし、自信がないから…という理由で諦めてしまう人も少なくないようです。では保育士になるにはピアノが必ず弾けないとなれないのでしょうか?

実際はそんなことはありません。ピアノを小さいころから習っていた人は別ですが、ピアノを苦手としている保育士は結構いるものです。

養成学校での授業や保育士試験でピアノは必要となります。しかし、必要といっても難しい曲を弾くものではなく、童謡などの比較的簡単な曲を弾ければ問題ありません。

保育士として働いている人の中にも「養成学校でピアノを初めて触った」という人もいます。そんな人でも保育士として現場で活躍しています。

自分が得意な楽器を使う

ピアノの他にも楽器は数多くあります。自分が得意または少し触れる程度の楽器でもよいので子どもの前で披露することをお勧めします。

子どもは見たことのない楽器に興味深々になることでしょう。その楽器の音色や奏で方など、いろいろな面でピアノでは味わえないような良い刺激を、子どもに与えることができます。

実際の例ですが、フルートを昔から習っていた保育士がクリスマス会の時に子どもの前で演奏することがありました。

子どもはフルートなんて見たことがありません。どの子もその保育士に釘付けで、それからその保育士は子どもから憧れの目で見られていました。

努力することが大切

ピアノが苦手であるならば、簡単な楽譜を見つけ、右手だけでもという気持ちで練習すると良いです。

子どもは保育士をよく見ています。そんな保育士の努力を受け止めてくれます。たとえ、うまくピアノが弾けなくても子どもと一緒に大きな声で歌うこともできます。

ピアノのことで悩んでいる人は考え方を少し変えてみてはいかがでしょうか?

子どもたちはピアノが上手く弾けなかったとしても保育士のがんばりを受け止めてくれるものです。

仕事体験談