お散歩で気をつけること

保育園ではお散歩をする日があります。

子ども同士で手を繋いで2列で歩くという保育園や、誘導ロープを使って歩かせるという保育園、タイヤがついた枠の中に入れて保育士が押していくという保育園(赤ちゃんの場合)などがあります。

お散歩の時に気を付けること、お散歩で子どもに身に付けてもらいたいこと、子どもの様子などをお話ししていきます。

安全確保が最重要

お散歩には「誘導ロープ」という道具があります。これはお散歩のときに子どもたちに持ち手のところを握らせ、一列になって歩かせるための道具です。

安全を重視するという保育園では、この誘導ロープを使っているところもありますが、最近では使わないという保育園が多くなりました、

お散歩で気を付けるのは、安全を確保するということです。交通量の多い道や車道・歩道が一緒になっているような道は、できる限り選ばないようにします。

事前にお散歩コースが決められていますが、安全を考えた上でのコースとなっています。

子どもの人数も多いので数人の保育士が付いて歩きますが、油断は禁物です。子どもなので、どんなことがあるかわかりません。

普通にお散歩をしていても転んだりする子もいます。真っ直ぐに歩けない子もいれば、周りばかりを見て前を見ない子もいます。

こんな子どもたちを見ていくのですから、保育士はかなりの神経を使います。保育士は普段保育園内で保育をしているよりも、もっとピリピリしているでしょう。そうでないと子どもを守ることができません。

事故・怪我のないように保護者の元に返すのが最大の役割といえます。

自立心を身につけさせる

子どもに身に付けさせたいこととして「自立」が挙げられます。子どもが転んだときに子どもを起こしてあげるということも大事かもしれませんが、それではいつまでたっても自立できません。

ときには子どもが自分で立ち上る・周りにいる子どもが手を貸してあげるということも大切です。その様子を見守るということも保育士の役割です。

手を貸してあげて起こしている間、保育士は他の子どもを見ることができません。そんなときに事故でも起こってしまうと、そっちの方が大変です。

保育士は常に子どもの様子を把握しておかないと事故や怪我に繋がってしまう可能性があるのです。

お散歩は保育士にとって大変な時間となりますが、子どもの顔を見ていると、どの子もとても満足そうな顔をしています。

とても神経を使う時間ですが、そんな顔を見ていると「お散歩に行って良かった!」という気持ちになるのは間違いないでしょう。

仕事体験談