認定保育園とは?

2006年10月から「認定こども園」という施設が始まりました。認定こども園とはどんな施設なのか?また、認定こども園ができた理由などを説明していきます。

認定保育園とは?

まず認定こども園とは? ということからお話しします。

今まで保育園・幼稚園の基準は別ものとなっていました。認定保育園は、その基準を合わせて新しい保育施設を作ることを目的としています。

2006年年10月に法律が施行されて始まったもので、各都道府県で決めた基準を満たしている施設になると「認定こども園」という名称が与えられます。

認定子ども園の特徴には、以下のようなものがあります。

・入園条件に保護者の就労状況は問わない
・保育所保育指針に基づく保育、幼稚園教育要領に基づく教育を平行して行っていく
・対象となる子どもの年齢は0歳から小学校就学前まで
・4時間から8時間と子どもを預かる時間を対応

幼稚園と保育園のメリットの部分を合わせた施設が認定こども園だといえます。

認定保育園ができた理由

認定こども園ができた理由は、簡潔にいえば現在の保護者のニーズに応えるためです。

共働きの家庭が年々増加し、女性の職場進出が増えてくるにつれて、就労形態もいろいろな形になってきています。

そのため、保育園に子どもを預けたくても預けられない「待機児童の増加」という問題が出てきています。

都心部ではまだ多くの待機児童がいるとされています。その反面、幼稚園の利用者が減少していくという状況となっていました。

この状況を解決すべく始まったのが認定こども園です。

今まであった幼稚園が認定こども園を始めることで、入園者を増やすことができるようになります。待機児童も認定こども園に入園することができるので待機児童の数を減らすこともできます。

認定こども園は、幼稚園の教育・保育園の保育を取り入れた保育内容になるので、子どもにも良い影響を与えるといえます。

認定保育園のタイプ

認定こども園とひとまとめに言ってもいろいろなタイプがあります。

主なタイプとして「幼保連携型」「幼稚園型」「保育所型」「地域裁量型」があります。

それぞれに特徴があるので、興味がある人は詳しく調べてみましょう。

仕事体験談