認可保育所と無認可保育所の違い

保育園といっても種類は一つではありません。大きく分けると「認可保育所」「無認可保育所」にわけることができます。

ではこの認可保育所と無認可保育所の違いはどのようなものなのでしょうか?いろいろな面から見て説明していきます。

許認可保育所

まずは認可保育所からお話しします。

認可保育所(又は認可保育園)とは一定の基準を満たして、国・自治体の認可を受けた保育所のことです。

一定の基準というのは、子ども一人につき保育士○人という内容や保育の設備や内容等を国や自治体が定めた基準になります。

認可保育所は「公立保育所」と「私立保育所」にわけることができます。公立保育所の場合、保育士は公務員になります。

公立保育園を希望される保護者は多く、競争率が激しいのが現状です。

私立保育所はそれぞれの保育園の特色が出ていて個性があります。また、延長保育を取り入れている保育所がほとんどで、子どもを預ける側からしても時間の融通が利きます。

保育料は各保育所により異なりはありますが市町村・世帯所得・子どもの年齢によって決定します。

無認可保育所

無認可保育所は別名、認可外保育所ともいいます。

認可保育所の逆で一定基準を満たしていない保育所で、国・自治体がら認可されていません。ほとんどの場合、認可保育所以外の保育施設は無認可保育所に当てはまります。

認可されていないため、遊具等の設備は満足のいくものではないかもしれません。しかし、必ずしも無認可保育所が悪いということではありません。

無認可保育所の多くは民間事業や個人が運営しています。そのため、時間等の融通が認可保育所よりも利きやすいという利点もあります。

認可保育所に入園するためには、いろいろな条件をクリアすることが必要です。条件をクリアできない人にとって、無認可保育所は必要とされる保育所になります。

保育料ですが、ほとんどの保育所が認可保育所よりも高額に設定されています。無認可保育所の場合の保育料は民間事業や個人の運営側が自由に決めることができるからです。

このように、一言で「保育所」といってもいろいろな違いがあります。

仕事体験談