保育園の人間関係

保育園は女の職場

どの仕事でも人間関係はとても大切です。

保育士の仕事=女の職場であることがほとんどです。中には男性保育士がいる保育園もありますが、それは一部の保育園です。女だけの職場というのはなかなか難しいところも出てくるものです。

なかには保育園の内部で「派閥」が存在するところもあります。○○先生派と△△先生派といったふうにわかれます。派閥ができるのは、保育方針の違いであったり、単純に好き嫌いであったりすることもあります。

保育園の規模が大きければ大きいほど派閥の数も多くなります。また、その派閥に属したくない人も当然います。

その人をみんなで除け者にしたり、仕事上の連絡事項等を伝えなかったりと、かなりひどい状態の保育園もまれにあるようです。

もちろん、それぞれの保育園で雰囲気や特徴は異なり、必ずしも保育園に派閥があるわけではありません。

就職希望先の保育園があれば、事前に見学や実習をさせてもらうだけでも、ある程度の雰囲気は把握できるので、可能な限り確認しておきましょう。

保育園ならではの良い関係

少しシビアな面を挙げましたが、人間関係でよいところもあります。

やはり、行事などは保育士同士が力を合わせて一丸となって取り組んでいます。その行事が成功したときの喜びはとても大きいものです。そこから関係がうまくいくということもあります。

また、すべての保育士は子どもが大好きという点で共通しています。

「子どもが好きな人に悪い人はいない」なんて言葉を聞いたことありませんか?

人間ですから、合う合わないはもちろんありますが、優しく、おおらかな人が多い職場です。

子どもや保護者との関係

人間関係は保育士同士だけではありません。子どもや保護者との人間関係もとても大切なものになります。

子どもとの人間関係を築く上で大切なのは、子どもと一緒になって子どもに帰ったつもりで接するです。

危険な行動やルールを守っていないときなどは別になりますが、それ以外は子どもと一緒に遊び、感動し、成長していくことが子どもと関係を築く一番の近道になります。

保護者との人間関係は子どもとの関係よりも難しいものです。一言でいえば、小まめに連絡を取るということが一番大切なことではないでしょうか。

保育士が子どもを預かっている間、保育士は保護者の代わりとなります。子どもを安心して預けられるようにしなければなりません。

しかし、怪我などは子どもには付きものです。そんなときの対応が今後の保護者との人間関係に大きく左右することになります。

しっかりと保護者と連絡を取り合うことで保護者も安心できます。時間はかかりますが、そうして連絡を取ることが、後々自分のためにもなります。

このように保育園の人間関係には他の職業にはないような関係もあります。上手く人間関係を築けるように日頃から心がけることが大切です。

仕事体験談