子どものケンカは止めない

見守ってもいいケンカ

子どもたち同士でケンカが始まると、どうしても「やめさせなくては」と、思いがちです。

もちろん、相手を叩いたり引っ掻いたりと危害を加えてしまうケンカは、すぐに止める必要があります。しかし、見守ってもいい喧嘩も多くあるものなのです。

子どもたちのやり取りを全部口出しするのではなく、見守ることも保育士の大切な役割です。

たとえば、オモチャの取り合い。子ども同士だったらよくあることです。

「私が使ってた」「そこに置いてあったから」「その前に使ってた」「今は使ってなかった」どちらにも言い分があります。すべてを察知し、把握していれば、見守ってもいいやり取りです。

見守っていると、言い合っていた子どもたち同士で解決策が生まれるのです。

「じゃあこうしようか」「そうだね。そうしよう」と、お互いが納得できる形を、子どもたちの間だけで生み出すことができるのです。

助言が必要な場合もある

そういったやり取りを経験しながら、子どもたちはさまざまな物事を学んで行きます。

もちろんこれはうまく行ったケースです。うまく行かないケースも多くあります。「貸して」「嫌だ。貸さない」ここから進まない場合もあります。

しばらく見守っても話が進まなそうなそのときは、少しだけ子どもたちに助言をします。

「どっちが使ってたの?」「どうしたらいいかなぁ?」「あれ?〇〇ちゃんが使ってなかった?」声かけのパターンはその場合に応じてさまざまですが、大切なのは、すべてをわかっているということです。

子どもなりに嘘をつくかもしれません。しかし、見ていればその嘘にもすぐに気付くことができます。

子どもと信頼関係を築く

保育士は、大勢いる子どもたちすべてを観察し、把握する力が必要です。子どもたちは、常に見ていてくれるのだという安心感を得ることができます。

安心感は信頼に繋がります。子どもたちとの間で何よりも大切なのは信頼関係です。

大人が口に出して解決してしまうことは簡単です。しかし、子どもはそれでは納得しません。どこかに不満がたまります。

自分たちで解決することは、子どもたちにとっても自分でできたという満足感に繋がるものです。

見守る力、そして、どこで介入して行くかを見極める力が保育士にとって大切なものだといえます。

仕事体験談