医療保育士・病棟保育士とは?

保育園以外で働く保育士

保育士と聞いてどんな職場を思い浮かべますか?きっと多くの人が「保育園」をイメージすると思います。

しかし、保育士は保育園だけの職業ではありません。ここでは「医療保育士」・「病棟保育士」についてお話ししていきます。

なお、病棟保育士と医療保育士の区別はあまりなく、医療保育士=病棟保育士となっている場合もあります。

病棟保育士として働くには

病棟保育士とは、病院などで勤務する保育士のことです。仕事の内容としては、子どもの身の回りの援助・世話など、保育園で行うような仕事とほぼ同じです。

この仕事では保育の専門知識だけでなく、看護・医療などの専門知識もある程度は知っておく必要があります。

病棟保育士になりたいという人は増加傾向にあります。しかし、それに対して需要はあまり多くないのが現状です。

病棟保育士になるためには保育士資格が必要です。資格取得後、病棟保育士を募集している病院を見つけなければいけません。

しかし先ほど述べた通り需要が少ないので、病棟保育士を募集している病院を見つけるのはとても大変です。

また、病院側としても保育士経験のある人のほうを優先して採用する傾向があります。

何年かは保育園などで勤務しておいて、募集を見つけたら試験や面接を受けてみるという方法を用いた方がよいかもしれません。

病棟保育士の募集は、ハローワークなどの公的機関や、病院のホームページなどに出ています。病院のコネがある人は別として、募集状況は小まめに確認しておくとよいでしょう。

また、ボランティアとして病院などで働かせてもらうという手段もあります。

医療保育士とは?

病院によって病棟保育士のことを医療保育士と呼ぶケースもあるようです。医療保育士の内容も病棟保育士とそれほど変わりはありません。

強いて違いをいうと、医療保育士の方が看護面で仕事や役割が重いことが多いようです。また、医療保育士として働いている人は、過去に看護師の経験があるという人が多い傾向があります。

医療保育士・病棟保育士として働くには、保育園で勤務する場合の内容に加え、医療知識や心理学を勉強しなければなりません。

医療知識では子どものアレルギー・病気といった専門的な医療のことを学びます。また、心理学ではカウンセリング・児童心理学・心理検査方法などを勉強します。

医療保育士・病棟保育士のどちらも命を預かる大切な仕事です。

不安や心配を抱えた子どもにどうやって接していくかということを一人ひとり臨機応変に対応していかなければいけません。

常に子どもの体調や健康を考え、回復することを願うことが求められます。

仕事体験談