保育園での異年齢交流のメリット

異年齢交流とは

保育園では0歳から6歳までの赤ちゃん・子どもが生活しています。

違う年齢の子どもとのかかわりを大切にしているという保育園はけっこうあります。そんな保育園の場合、異なる年齢の子ども同士が交流する「異年齢交流」というのを重要視しています。

この異年齢交流にはどんなメリットがあるのか。また、子どもの様子はどんな感じなのかなどをお話ししていきましょう。

異年齢交流のメリット

異年齢交流を行うことで、いろいろな遊びに発展することがあります。

たとえば、おままごとをしていて6歳の子がお母さん・4歳の子がお姉さん・3歳の子が赤ちゃんというように、年齢によって役割分担をすることができます。

それも子どもたちが自分で考えて生活のシーンを再現するように遊んでいます。おままごとをすることで、生活習慣を身に付けることに繋がったり、人への思いやりの心がはぐくまれたりします。

また、5・6歳児は年齢の低い子どもの面倒を見るのが好きなようです。

異年齢交流の前日に「明日はみんなで一緒に遊ぶ日です」と伝えると、当日の子ども達は「今日は下の子のお世話をする日でしょ!!」と、とても楽しみにしている様子が伝わってきます。

どの子も「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」として慕われることがとても嬉しいのでしょう。

幼い子どもからしても、あまり触れ合う機会のないお兄ちゃん・お姉ちゃんたちと遊んだり、お世話をしてもらうことで良い刺激になります。

その分、いつもよりも危険が伴うということも考えられます。保育士は普段の保育よりも、もっと注意して周りを把握しておかないといけません。

子どもたちも、乳児と触れ合うときはとくに注意しているようです。怪我をさせないように・泣かせないように等、子ども達なりにいろいろとかかわり方を考えています。

そんな子どもの考えも子ども自身を成長させることに繋がります。

保育士の成長にもつながる

異年齢交流を行っている保育園・行っていない保育園があります。

自分が行きたい保育園、自分が通っていた保育園、自分の近くにある保育園は異年齢交流を行っていたでしょうか?

こういう点も就職先を選ぶ際に注目してみるとよいでしょう。いつもと違う環境・いつもと違う子どもを見ることで保育士自身も刺激を受けることが多々あります。

保育士自身もいろいろと勉強になるので、異年齢交流を行っている保育園を探してみるのもいいかもしれません。

仕事体験談