保育士の1日

「保育士」と聞くとどんなイメージを持っていますか?「勤務時間が短くて早く帰宅できる」「子どもと一緒に遊ぶだけ」などと思っていいる方もいるのではないでしょうか?

しかし、保育士は体力や知識なども求められる仕事です。

登園

早朝保育をしている保育園がほとんどで、朝7時から子どもを迎え入れて保護者の方から子どもを預かります。それ以外の、ほとんどの子どもが登園してくるのが9時ごろです。

お父さん・お母さんと離れたくないという気持ちが強いので、大泣きしてしまう子どももたくさんいます。大好きな人から離れるということは子どもからしてみれば、すごくつらいことです。この時の子どもの対応もとても大変です。

まず、子どもが登園するとシールを貼らせます。これは「シール帳」という小さいカレンダーのようなものに、「今日、登園しました」という記録を残すものです。

その後、一度各自の保育室に入り保育士が一人ひとりの名前を呼び確認や点呼を取ります。この時は必ず子ども一人ひとりの顔色や体調などをしっかりと把握しておかないといけません。

遊び、お昼寝

点呼が終わると、保育士も子どもの中に混ざって一緒に遊びます。一人で遊んでいる子に声をかけ友達と一緒に遊ぶことの楽しさなどを伝えたり、周りに危険なものがないか、安全確認をしていきます。

お昼寝で、子どもたちが寝ている間も保育士の仕事はたくさんあります。

保護者の方に向け、その子の園での様子や体調、「○○ができるようになりましたよ」などという報告を連絡帳に書いていきます。一人ひとりを担任保育士が把握しながら書いていく仕事です。

しっかりと子どもの様子を見ていないと書けないので、この作業は結構大変です。

降園

おやつを食べて、子どもが降園した後も仕事は山のようにあります。

夜遅くまで、翌日の保育の準備や行事の作業など、子どものことを考えながら一生懸命働いています。とくに運動会やお遊戯会の前は、準備することが多いため残業時間も長くなります。

保育士は人の大切な命を預かる大変な仕事で、けっして楽な仕事ではありません。ですが、子どもの成長に深く関わることができるやりがいのあるお仕事です。

仕事体験談