保育士と幼稚園教諭の両方の資格を取るには?

2年制か4年制か

保育士・幼稚園教諭の両方の免許を取得する方法で最短なのは、どちらの課程もある短期大学・専門学校で学ぶことです。もちろん4年制大学で両方の免許を取得できるというところもたくさんあります。

しかし大学は短期大学・専門学校に比べて2年間長く勉強をしないといけません。早く保育士や幼稚園教諭として働きたいと思っている人は2年生の学校に入学するとよいでしょう。

一方で、専門学校や短期大学は4年制大学よりもかなりハードだという面はあります。

大学であれば4年間で勉強することを、半分の2年間で終わらせるためには、毎日詰めて講義や実習を行わなければ間に合わないのです。

保育学科は、一日の講義数が他の学科の人と比べて倍に感じるくらい、毎日が忙しく過ぎていきます。

専門学校・短期大学は休みにくい

保育士・幼稚園教諭として所定されている教科・教職課程の一定の単位を取得することで、保育士養成学校を卒業すると、同時に保育士・幼稚園教諭の免許が取得できます。

教科・教職課程の中にはもちろん実習も含まれています。

専門学校・短期大学でのデメリットとして、休むことができないということが挙げられます。4年制大学の場合、たとえ実習中に風邪などにかかり、休んでしまっても振り替えてもらうことが可能です。

専門学校・短期大学の場合、数日休んでしまうと単位的に危なくなってしまいます。たとえ、実習中でなくても欠席をすると、単位取得が危なくなるというケースも出てきます。

ある生徒は、短期大学の時に風邪をこじらせてしまい、学校に通えなかった時期がありました。数日欠席をしていたのですが、単位取得が出来ないかもしれないといって個別に講義を受けたりしていたことがあります。

個別に講義をしてくれたのでなんとかギリギリで卒業でき、両方の免許を取得できましたが、してくれない短期大学もあるようなので、体調管理には気をつけた方がよいでしょう。

両方の資格がある方が有利

保育士・幼稚園教諭の資格を持っていると、これから有利になるといわれています。幼保一体化という考えが一般的になりつつあり、認定子ども園などもたくさんできているからです。

そうした施設で働くためには、両方の免許を持っている人のほうが優先して採用されるでしょう。

これから学校を選ぶという人は、ぜひ保育士・幼稚園教諭の両方の資格が取得できるような学校を選択することをお勧めします。

仕事体験談