保護者との関わり方

保育士という仕事は人間関係がとても大切になります。保護者との人間関係もその大切な一つです。

保護者とのかかわり方、対応の仕方など、どのようにしていくとよいかということをお話ししていきます。

コミュニケーションを取ること

保護者と関わる上で一番重要なのは、コミュニケーションをとるということです。保育士と保護者は、ゆっくりと時間を取って話す機会はあまりありません。

それを補うために、保護者に連絡を取ったり、お迎えなどのときにその日の子どもの様子を知らせたりします。

どんなに小さいことでも会話のネタになることを見つけます。

たとえば、「今日は●●をして遊んでいました。Aちゃんと最近仲良く遊んでいますよ。」とか、「ちょっとお友だちとトラブルがあったんですけど、仲直りできましたよ。」など、日常のちょっとしたことを話します。

保育園内のことは保育士しかわかりません。保護者に保育園での様子をしっかりと伝えるということが保護者からしてもとてもありがたいようです。

保護者を安心させること

保育士は安全を第一に考えています。でも、やっぱり子どもに怪我やトラブルはつきものです。そんなときの対応の良し悪しで、その後の保護者との付き合いにも響いてしまいます。

怪我などをさせてしまった場合、まずは保育士側に非があったかどうかを伝えることが大切です。

それから、どういう過程で怪我などをしてしまったのかという原因や、保育士がどう対応したか、など、保護者に納得してもらえるように話します。

一番よくないのは保育士が自己判断することです。「このくらい保護者に伝えなくても大丈夫だろう」と決めてしまうのはいけません。そのことに保護者が気づくと、「なんであの先生は報告しないのか」と思わせてしまします。

保育士を続けていく上で大事なのは信頼関係です。安心して子どもを預けられるということを保護者側は望んでいます。

保護者と円満な関係を築くために、日頃からの会話や報告は重要です。保育士が保護者から話しやすい雰囲気を作ることが、自然とコミュニケーションを取る方法です。

難しいところも多々ありますが、とても大切なことなので、努力していくことが必要です。

仕事体験談