保育日誌の書き方

保育日誌とは?

保育日誌とは、保育当日どのような保育をしていくかという内容や、子どもの様子などを日誌に記していく記録簿のようなものです。

毎日保育士は保育日誌を書きます。

保育日誌を書くには、慣れるまで結構時間がかかってしまいます。保育園の方針によって保育日誌の書き方は違ってきますが、だいたい、1日の保育日誌を書くのに20分から30分くらいはかかるでしょう。

もっと細かく指定されている保育日誌の場合なら、その倍はかかるかもしれません。

保育日誌に何を書くか?

保育士は保育前日、次の日の子どもたちの保育を考えながら保育日誌を書いていきます。

遊びの内容はどうするか・保育環境の設定・自分が子どもとどのようにかかわるかなど、具体的に記していく必要があります。

次の日、保育が終わってから、その日の保育内容の見直しや、子どもの様子、どんな遊びが良かったかなど、書いていた保育日誌の反省をします。子どもが怪我などをした場合も、保育日誌に書きます。

きちんと保護者に連絡をしたかどうかなどを書いておくと、後々トラブルになるということの心配も少なくなります。

このように、いろいろなことを書き留めていくのですから、慣れていないと、かなりの時間がかかってしまいます。

保育日誌の書き方

始めのうちはどんなことを書いて、どうすれば良いかわからないかもしれません。そんなときは先輩の保育士に聞いたり、保育の参考書を見てみるとよいでしょう。

参考書には保育日誌の書き方、援助の仕方などがとても詳しく書かれています。すべてを丸写しでは自分のためにはなりませんが、参考にしてみると書き方のコツなどがつかめてくるはずです。

また、保育士養成学校でも、保育日誌の書き方の授業があるところもあります。講師の先生にわからないところがあればどんどん質問して、事前に身に付けられるようにしましょう。

保育実習のときにも保育日誌を書いて、実習先の保育園に提出しないといけません。実習中はとても苦労するものですが、皆が通った道です。慣れるとスラスラと書けるようになるので、それまでの辛抱です。

保育士に欠かせない保育日誌。大変な作業にはなりますが、何かトラブルがあったときや子どもの様子を振り返るときなどに重宝するものです。

コツを掴めるように何度も書くことが慣れる一番の近道です。

仕事体験談