男性保育士の影響

男性保育士が増えてきている

みなさんは男性保育士を見たことはあるでしょうか?

「保母さん」と言われていた時代もありましたが最近では男性が保育現場に立つということも増えてきました。

全体的にみると保育士全体の約4〜5%が男性保育士の割合ですが、ここ数年男性の保育士志願者が増えてきているのも事実です。

では、なぜ男性保育士が増えてきているのでしょうか?

保育園だけでなく児童福祉施設での保育士の需要が高まってきたというのが一つの要因です。

保育園もそうですが児童福祉施設での仕事は力仕事や体力的な仕事が多いことから男性保育士のニーズが高まってきたと考えられます。

男性保育士による好影響

保育園の場合なら、園に男性保育士がいることで子育てに対する父親の考えが良い方向に向くこともあります。

父親側からも「同じ男として男性保育士がいることで話がしやすい」などという声もよく耳にします。

子どもに対しても女性だけの保育園よりも男性がいるほうが良い影響を与えることに繋がります。

職員側からしても女性だけの職場よりも活気が出て、お互いに良い刺激を与えられるといわれています。

ピアノが苦手でも大丈夫

男性保育士になりたいと思っている人で「ピアノが弾けないから」と諦める人も多いかもしれません。

しかし、実際の保育現場でピアノをスラスラと弾ける男性保育士はほんの一握りなんです。学校での授業や実習ではピアノは少々必要にはなりますが、あまり固くなりすぎることもないようです。

このように男性保育士に対する需要は高まっていています。

子どもが好きな男性の方は是非、保育士という素晴らしい職業に目を向けてみてはいかがでしょうか。

仕事体験談