男性保育士と女性保育士の違い

「保母さん」から「保育士」へ

昔は保育士のことを「保母さん」と呼んでいました。しかし、近年、男性が保育現場に立つということが増加し、女性・男性共に「保育士」と呼ばれるようになっています。

短期大学や大学の保育科でも最近はその1割ほどが男性の保育士希望者になってきているようです。

では男性保育士と女性保育士、それぞれどのような役割や違いがあるのでしょうか?

得意分野の違い

男性保育士は子どもたちと外で元気よく鬼ごっこなどダイナミックな遊びをしたり、女性では思いつかないようなことを発想して子どもたちに新しい刺激を与えたりします。

体力が必要な遊びや運動会、年中児・年長児の男の子の相手では男性保育士は率先して子どもたちを引っ張ってくれています。

一方で女性保育士は男性保育士が苦手としているピアノや歌、また優しく接することで子どもに安心感を与えることができます。

年少の女の子は男性が苦手な子も少なくないので、男性保育士のフォローをすることもよくあります。

その子たちも慣れてくればどんどん男性保育士とも遊ぶようにはなりますが、少し時間はかかるかもしれませんね。

これはほんの一例で、男性保育士と女性保育士とでは作業面などでも違いが出てきます。

男性保育士の需要

今まで「女性の職場」だった保育所も男性保育士の進出でどんどん発展しています。これからも男性保育士が増えることで、保育所も活性化していくことでしょう。

子どももたくさん良い刺激を受けることができるので、男性保育士の需要はまだまだ高まっていきそうです。

仕事体験談